和歌山でのちょい投げ釣りで21cm頭キス28匹 落ちギスシーズン到来か?

和歌山でのちょい投げ釣りで21cm頭キス28匹 落ちギスシーズン到来か?

そろそろ落ちギスのシーズンが始まるので、11月8日は和歌山の和歌川周辺へ様子を見に行ってきた。まだまだ水温が高いせいか波打ち際でピンギスが釣れる状況だったが、河口周りではシーズン開幕を思わせる良型も姿を現した当日の釣りの模様をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 投釣り

落ちギス釣りの季節

11月に入り、和歌山県の紀北では、落ちギスが狙える頃になった。キスは、海水温が低下してくると、盛夏のように広範囲を回遊せず、ピンポイントの群れになって、浅場を回遊し、厳しい冬場に備えて活発に摂餌する。この傾向は、20cmクラスの良型の群れに顕著に見られる。浅場を回遊するキスの群れを見つければ、ちょい投げで数釣りが楽しめ、キス特有の強いアタリを楽しめる。

また、落ちギスは、川の河口付近で群れを作ることが多い。そこで、11月8日に、和歌川の河口近くにある、片男波に釣行してみた。

ルアーでの回遊魚狙いは不発

現地には午前5時半に着いた。夜明け前でまだ暗くキス狙いにはまだ早いので、夜が明けるまで片男波の南側にある小突堤の先端で、ルアーでタチウオや青物を狙ってみた。

16gのジグヘッドに、3inchグリーンのシャッドテールをセット。遠浅になっているのでできるだけ遠投し、ボトムから表層をスローワインドで探っていく。しばらく投入を繰り返したが、バイトがない。反応がないまま6時をすぎ、夜が明けて来た。どうやら回遊魚の回遊はなさそうだ。ルアー釣りを諦めて、手前の浜で、本命のキスを狙ってみた。

和歌山でのちょい投げ釣りで21cm頭キス28匹 落ちギスシーズン到来か?回遊魚を狙った小突堤(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

キス釣りをスタート

15号の遊動Kaiso天秤に、キスバリ7号の2本バリ仕掛けをセット。エサの石ゴカイをハリ一杯に付けた。

落ちギスは、手前の浅場を回遊するので、ちょい投げし、ゆっくりと引き釣りをすると、手前の波打ち際のカケアガリで、ブルブルとキスのアタリがあった。リールを巻く手を止めて、次のアタリを待つがアタリがなく、仕掛けを回収すると、エサを取られていた。キスが小型なので、ハリ掛かりしなかったようだ。

和歌山でのちょい投げ釣りで21cm頭キス28匹 落ちギスシーズン到来か?夜明けからは浜でキス釣り(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

波打ち際で小型が登場

次投も波打ち際でブルッとアタリがあり、うまくハリ掛かりし、10cmのキスをキャッチ。これは小型なのでリリースする。小型のキスが波打ち際に群れていて、1投ごとにアタリがある。

手前の波打ち際で、ダイレクトにブルブルとキスのアタリを味わえるので、楽しい。キスが小さいので、アタリがあってもハリ掛かりしない時が多い。それでも、うまくハリ掛かりすれば、ダブルで釣れてくる。ハリ掛かりの浅いキスはリリースしていく。

和歌山でのちょい投げ釣りで21cm頭キス28匹 落ちギスシーズン到来か?小型ながらダブルも(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページで和歌川河口へ移動でサイズアップ成功!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。