船スミイカ初心者入門:エギ使用&シャコテンヤの釣り方【キホン解説】

冬から春先にかけてが旬本番のスミイカ。今回は代表的な「エギ使用」、「シャコテンヤ」の2つの釣り方を詳しく解説していく。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

エギ使用の概要

エギをピタリと静止させ、触りをとらえたら間髪入れずに掛ける〝〟の釣り。激しくシャクって乗りを誘う〝〟のアオリイカ釣りと異なる。

船宿によっては状況により、どちらも狙う場合があるので、その場合は違いを意識した釣りができれば釣果を伸ばせるだろう

タックル

専用がベストだが、竿は7対3~8対2調子のカワハギやライトゲームロッドなどでも可能。リールは竿に合わせて小型両軸やスピニングリール。

ミチイトはPE1~2号を使用し、リーダーはなくてもいいが、使う場合は、3~5号を30cm~1m。中オモリは10~15号でハリスは3~4号を2~3m。

エギの選び方

自分の好みのものから使おう

サイズは、初期なら1.8~2.5号でカラーは、基本的に好みで選んで構わない。

「この日は〇〇色がよかった」など、当たりカラーがあることも多いので、幅広く用意したほうがいい。

釣れたイカのスミや皮などが付いていたり、噛み傷で布がボロボロになったものは乗りが悪くなるので、投入ごとに状態をチェックしよう。汚れていたらブラシなどできれいにして使う。

エギ使用の釣り方

エギと中オモリが絡まないように投入し、中オモリが着底したらイトフケを取ってミチイトのマーキングを参考にハリス分巻き上げる。

潮流の速さによってプラスマイナス50cmの幅で調整して、エギが底上30cm前後をキープできるようにする。

砂泥底のポイントが多いが、5~7シャクリごとにタナ取りをして変化のある場所を常に狙うイメージ。状況によって変わるが、誘いで7~10秒に1回鋭いシャクリを入れる。

エギ使用のアワセ方

竿は海面と水平程度に構え、微妙な変化があればすぐにアワせられるようにしておく。

アタリは繊細で、竿先をフワッと1、2cm押さえ込んだりモタれる程度。違和感があれば迷わずアワせる。

短い距離で強くアワせると身切れすることも多く、長いストロークでシャープにおこなう。

次ページでシャコテンヤを解説!