千葉の漁港でのトリックサビキ釣りで小アジ43尾 唐揚げを堪能

千葉の漁港でのトリックサビキ釣りで小アジ43尾 唐揚げを堪能

10月22日(土)、アジ狙いで千葉県の木更津港に釣行した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

トリックサビキでアジ釣り

内港公園の駐車場から釣り場までは歩いて1分。公園内にはトイレや自動販売機があり、家族連れにも安心な釣り場だ。

当日の天候は晴れ。風も穏やかで絶好な釣り日和。4時ごろ到着し、車を停めて準備する。

千葉の漁港でのトリックサビキ釣りで小アジ43尾 唐揚げを堪能釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

今回はアジに狙いを絞っていたので、トリックサビキ仕掛けを用意。マルキユーのアミ姫を2個準備して、ひとつはトリックサビキ仕掛けの付けエサ用、もうひとつはマルキユーのアジパワーを混ぜた。アミ姫は常温で保存可能なアミエビなので、溶解の手間なくいつでも使用可能。また、アミエビ特有の臭みがほとんどなく、フルーティーな香りで女性や子どもでも使いやすい。

仕掛けを容器中のアミ姫に前後させ、ハリにアミエビを引っ掛ける。そして、コマセカゴにコマセを詰め込んで開始。

小アジ中心に続々ヒット

最初は海底付近を狙うが、アタリはまったくない。5時を過ぎて周囲が薄明るくなってくると、突然アジがサビキを触る感触が竿先に伝わるタナを見つけた。そのタナを集中的に狙うと、プルプルと明確なアタリ。上がってきたのは、10cm程度のアジ。周囲で楽しんでいる家族連れにも次々とヒットしている。

群れを寄せるためにコマセカゴに多めにコマセを入れてテンポよく繰り返すが、周囲でもアジ狙いが多く、コマセが拡散している様子でヒットする間隔が長い。アジはコマセの濃厚な場所でヒットするので、ガンガン撒くために手返しよく仕掛けを振り込む。

6時ごろになると魚の活性がピークになり、一時は入れ食いに。釣れるタナがひん繁に変わるが、丹念に探ると連続ヒットする。

43尾キープ&唐揚げに舌鼓

時合いは30分程度続いたが、その後はアタリが少なくなってきた。10cm程度のアジが43尾キープできたので8時に納竿。

千葉の漁港でのトリックサビキ釣りで小アジ43尾 唐揚げを堪能唐揚げ(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

鮮度よくキープしたアジは南蛮漬や唐揚げにするととても美味しく、海の恵みに感謝。これからの時期はアジやイワシが狙えるので、投げ釣りやサビキ釣りなどで楽しんでみではいかがだろう。

<週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
木更津港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年11月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。