船カワハギ釣行:トントンとフワフワで見事竿頭!【神奈川県・相模湾】

9月10日(月)は風が強く吹く予報で、カワハギ釣りに行くか、絶好調の山中湖のワカサギ釣りに行くか迷ったが、前回7尾しか釣れなかったカワハギのリベンジを相模湾ですることにした。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

 

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

カワハギ釣りの相棒はコレ!

逆にアタリが遠いときは「ピカいちくん」という、海水に浸かるとLEDが光り、カワハギを寄せるオモリを使い、好奇心旺盛な性格を刺激します。

この日は9人乗船していましたが、私1人が連発で釣れました。

ダブルでも釣ることができ、新ためて集寄オモリの凄さを知りました。でも、2個も根掛かりでロストしてショック。

これはリリースサイズ。また来年♪

このあと、ドシャ降りの雨が通過。

やがて、日が差すと、きれいな虹が見えました。

殻つき1kg分のむき身アサリを2袋と、前回の残り50粒ほどを終了5分前に使い切って納竿

最終釣果

前回の7尾を大幅に超える32尾で竿頭になりました!

手のひらサイズはすべてリリース。20cm以上の9尾を持ち帰り。

やっとカワハギに遊んでもらえて楽しかったな

良型9尾をお持ち帰り♪

<週刊つりニュース関東版 神奈川・齋藤かおり/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
相模湾
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年9月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。