伊勢湾奥のボート釣行で76cmワラサ手中 ナブラ狙い撃ちでヒット

伊勢湾奥のボート釣行で76cmワラサ手中 ナブラ狙い撃ちでヒット

シーズン開幕からポツポツと上がっている伊勢湾奥の青物だったが、ここ最近になって湾奥でもツバス(イナダ)の姿が出てきているとのことで数釣りを楽しみに行ってきた。9月11日、まだ薄明るいなか出船。まずは鳥を探しながら船を走らせる。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ボートキャスティング釣行

20分ほど走って、三重の鈴鹿方面に鳥が集まっているのを発見して向かう。近づいてみると、ものすごい数の鳥と魚探には山盛りのベイト反応が映っている。

同行者はメタルジグで中層からボトム狙い、私はミノーで表層を狙ってみる。移動しながら広範囲に探ってみるが、アタリなし。

ナブラ撃ちでハマチ

伊勢湾奥のボート釣行で76cmワラサ手中 ナブラ狙い撃ちでヒット小規模ナブラでハマチヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

相変わらずの鳥とベイト反応ではあったが、早々に見切って移動を決断した。少し沖へ船を走らせてみる。すると小規模ながらもナブラを発見。

ヘビーシンキングミノーを投げてみると、すぐにヒット。上がってきたのは見事本命のハマチだった。

ツバス&ハマチ連発

ここからチャンスと同様にミノーを投げてみるが、後は続かず。しかし魚探にはチラホラと魚の反応が出ている。メタルジグ40gに変更し、キャストしたらボトムまで落として、高速で巻き上げてくる。

10回高速で巻いたら一瞬ストップで、食いつくタイミングを入れる。これが正解で、ストップした瞬間にゴツッとアタリでヒット。

これまた同サイズの35cmほどのツバスだった。パターンを見つけたここからがすごかった。投げてはヒット。投げてはヒットでハマチが連発。一気に3匹追加できた。

伊勢湾奥のボート釣行で76cmワラサ手中 ナブラ狙い撃ちでヒット当日使用したルアー(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

この後も同じ高速巻きパターンで、ポツポツと飽きない程度に釣れてくれた。気づけばイケスもにぎやかになり、もう満足と帰ることにした。しかし、この帰路でドラマが!

次のページで76cm良型ワラサヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。