陸タチウオ釣行:電気ウキで挑戦!【神奈川県・横須賀海辺釣り公園】

9月初旬、横須賀市平成町にある海辺釣り公園にタチウオ狙いで出かけた。

横須賀海辺釣り公園のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

横須賀海辺釣り公園

足場もよく安全な釣り場である

例年、この時期になると、電気ウキを使った夜釣りのエサ釣りか、ルアーでタチウオが狙える。

しかし、今年はやや遅れ気味で、アタリはそれほど多くは望めず、平均0~4尾ほどの釣果。なお、同公園は夜10時閉門で、その時間までしか釣りができない。

しかし、シーズンになると大盛況で、平日でも場所取りに困るほどの人気スポット。

早めに行って場所取り

土曜だったので、釣り場の大混雑を予想して16時半に到着。

この時間は、朝から釣りをしていた人たちが帰り始めるので、帰り仕度をしている後のスペースに入り込むという算段。

予想どおり、家族連れが17時半くらいに帰るというので、そこが空いたら、入ることにする。

当日の釣況

少し時間があったので、荷物を家族連れの脇において、ぐるりと周囲の釣り状況を観察しにいくと、足下のサビキ釣りや、チョイ投げサビキ、遠投カゴ釣りで、アジやサバが上がっていた。

横浜市からきた小林さんは、6.3mのノベ竿にハリス2号のサビキ釣りで、30cmオーバーのサバを夕方に数尾連チャン。

「このクラスだと、ハリス2号じゃないと切られしまうんですよ」と、強い引きを楽しんでいる。

サバが掛かると、竿が大きくしなって圧巻だった。

夕方にサバが連チャン