岸壁タチウオ釣りで73cm頭に6匹 電気ウキとワインドの二刀流でゲット

岸壁タチウオ釣りで73cm頭に6匹 電気ウキとワインドの二刀流でゲット

和歌山県の和歌山マリーナシティでは、8月の中旬ごろからタチウオがよく釣れだした。指2~3本幅のいわゆる新子サイズが多いが、たまに指4本幅の抱卵した良型が混じってくる。そこで、早朝の時合を狙って、8月30日に釣行してみたのでその模様をお届けする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

マリーナシティでタチウオ釣り

マリーナシティの大波止近くの駐車場には、午前3時過ぎに到着したが、満車で入場できない。平日なのに混んでいると思いながら、仕方なく入口で待っていると、出庫の車があったので、入れわかりに入庫することができた。

さっそくタックルを持ち海側にある大波止に行くと、海面に電気ウキがキラキラとぎっしり浮いていて、釣り人で大賑わいだ。空きスペースを探し歩きながら見ていると、電気ウキにアタリがあり、タチウオがあちらこちらで釣り上げられ歓声があがっている。タチウオの群れが波止近くに寄っているようだ。

はやる心を抑え波止の北端まで歩いて行くと、やっと空きスペースを見つけたのでそこに釣り座をとった。今の時間帯は、エサ釣りでアタリがあるので、持参したキビナゴを使って、電気ウキのウキ釣りで狙ってみた。

岸壁タチウオ釣りで73cm頭に6匹 電気ウキとワインドの二刀流でゲットマリーナシティの釣り場風景(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

まずは電気ウキ釣りから

ウキ下を2ヒロ取り、キビナゴを2本バリに付け20m沖合に投入。仕掛けが沈んでいき電気ウキが立ってからアタリを待つ。

電気ウキは、ゆっくりと右側に流されていく。周りの電気ウキにはアタリがあって、タチウオが釣り上げられている。

しばらくすると、私の電気ウキにも浮き沈みするアタリが出た。さっそくアワセを入れるが軽く、掛かららなかった。気を取り直して仕掛けを投入し、アタリを待っていると、今度はケミホタルが海面まで浮き上がってきて、右側に走っていく。このままでは隣の釣り人とオマツリするので、イトふけを取り大きくアワセを入れた。が、やはり手応えがなく、うまくハリ掛かりしなかった。タチウオが横に走っている時は、エサをくわえているだけなのでハリ掛かりしにくい。

1匹目は70cm級の新子

キビナゴを付けかえて投入し、電気ウキを見ていると、ウキが浮き沈みし、やがて海中に沈んでいった。しばらく待ってからイトふけを取り、大きくアワせると、グウーンと竿先に重量感が乗りググッと手応えがある。リールを巻き寄せにかかると、重いのは最初だけで、後はすんなりと寄ってくる。これはタチウオの新子のようだ。やがて海面に浮上し、抜き上げたのが70cmのタチウオ。

その後、アタリがあったがハリ掛かりせず、しばらくすると夜が明け始めたので、ワインドでタチウオを狙ってみた。

次のページで夜明けからのワインドの結果はいかに?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。