北海道で源流の妖精『オショロコマ』を釣る 22cm頭にまさかの連発

北海道で源流の妖精『オショロコマ』を釣る 22cm頭にまさかの連発

オショロコマは日本では北海道にしかいない貴重なトラウトです。そんな同魚を求めて、後志エリアで複数河川へ釣行に出かけた筆者。初場所で待望の本命と対面できた釣行をお届けします。

北海道のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

小峠龍英

少年時代より雑魚釣りからバスフィッシングなど様々な釣りに親しみ、北海道移住をきっかけにトラウトフィッシングに傾倒。4月から川が凍るまで時間を作っては足繁くフィールドに通っています。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

源流の妖精「オショロコマ」

オショロコマは日本では北海道にしかいない貴重なトラウトです。北海道の知床や大雪山系、日高山脈の渓流に多く生息しています。大変美しいトラウトで川毎に微妙に特徴が異なり、個人的には最も美しい魚だと思います。

体長は平均して15~20cm。20cmを超えたら十分大型ですが、知床や日高の奥地には40cm近くまで成長する個体群もいて、ごく稀に降海する個体もいるそうです。かつては尻別川水系真狩川が生息の南限とされていましたが、現在の南限は島牧村の千走川水系とされており保護河川に指定されているので釣りは禁じられています。

北海道で源流の妖精『オショロコマ』を釣る 22cm頭にまさかの連発源流の妖精「オショロコマ」(提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

真狩川へ釣行

後志菅内では、真狩川の他にもいくつか生息が確認されている川がありますが、その数は多いとは言えず特に筆者の住むニセコエリアではオショロコマは貴重な魚です。

特に真狩川ではニジマスが年々その勢力を強めており、オショロコマを見かけることが少なくなったと感じています。筆者が最後にオショロコマを釣ったのが2年前。この8月、久しぶりにオショロコマが見たくなり真狩川へ出かけました。

人気の河川

湧水河川である真狩川は年間通して水温が安定しており、またアクセスが容易なため近隣でもかなりの激戦区。オショロコマが棲む上流?源流域は夏になると非常に薮が濃くなるので大変ですが、常に岸に踏み跡が残っているほど多くの釣り人が竿を出しています。

ヤマメやニジマス顔出し

釣行当日も踏み跡を辿りながら釣り上がります。小型のスプーンやミノーを使いダウンクロス中心でアプローチしていきます。魚影は濃く小型のヤマメやニジマス、エゾイワナがコンスタントに釣れますが、肝心のオショロコマは時折姿を見せるものの中々反応が得られません。

チェイスのみで納竿

本来、オショロコマの警戒心は他の鱒族と比べても高いとは言えず、好奇心旺盛な側面が強いトラウトです。しかしながら他のトラウトとの競合が激しく、頻繁に釣り人が訪れるこの川では完全にスレ切っている様でした。結局その日はオショロコマはチェイスのみに終始、釣り上げることは叶いませんでした。

次のページでリベンジ釣行でついに本命オショロコマをキャッチ?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。