神奈川・居島新堤でルアー&フカセ釣り 濁り潮に湧くエサ取りに苦戦

神奈川・居島新堤でルアー&フカセ釣り 濁り潮に湧くエサ取りに苦戦

8月7日(日)、神奈川県三浦半島の城ヶ島にある居島新堤に釣行した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

居島新堤でルアー釣り

数日前に青物をはじめ好釣果があったと聞き、渡船をしている一休丸から5時半ごろに出船。航程5分で居島新堤へ到着。堤防が高く荷物はロープを使用して荷揚げするので、同船者同士で協力する。1便で降りた釣り人は私たち含め5人。各自思い思いの釣り場に入る。堤防外側に釣り座を確保して、まずは青物を狙うためにジギングタックルを用意する。

PEライン1.2号に、リーダーはフロロカーボンライン8号を1ヒロ取る。メタルジグはオーシャンルーラーのガンガンジグ30gのブルピンをセット。

神奈川・居島新堤でルアー&フカセ釣り 濁り潮に湧くエサ取りに苦戦堤防最先端の釣り人にマゴチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

周囲でマゴチにワラサ

海面から順に底付近まで探るがアタリはない。しばらくすると、隣の釣り人に40cm前後のマゴチがヒット。さらに、時間を空けて2便で来た釣り人にワラサがヒットしたが、惜しくもタモ入れ直前でバラシ。事前情報通り魚の気配は濃厚だ。

フカセ釣りに転戦

キャストを繰り返したが、その後は周りの人もヒットしないのでフカセ釣りに変更。オキアミ6kgにヒロキューのジーマックスを2袋混ぜ合わせ、付けエサは生とボイルオキアミを用意。ミチイト、ハリスともに1.5号をチョイス。ウキはゼクトRの01号、ハリは鋭貫グレ5号を結んだ。

神奈川・居島新堤でルアー&フカセ釣り 濁り潮に湧くエサ取りに苦戦タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

足元にコマセを入れると徐々にエサ取りのイサキ、タカベ、小サバが見え始める。仕掛けを遠投しエサ取りを交わそうとするが、中層にはアジもいるようで狙いのタナまで思うように付けエサが通らない。次第にエサ取りも増え始め、アジ、タカベはキープして土産用に確保する。

濁りが取れれば期待できる

三崎港内から出る潮が流れていて、時折構内から出た潮と外からの流れがぶつかって潮目を作り、とてもいい雰囲気。だが、良型からのアタリはない。次第に港内から出る潮も緩くなってしまい、エサ取りが辺り一面に広がりお手上げ状態に。休憩して釣り場を休ませても同じ状況なので、暑さもあり予定を早めて15時に納竿した。

神奈川・居島新堤でルアー&フカセ釣り 濁り潮に湧くエサ取りに苦戦イサキもヒットした(提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

船長に話を聞くと、前日の夕方より濁りが入り、小サバなどが入り始め思うような釣果が出なくなっているとのこと。濁りが取れればよくなってくるだろうとのことなので、また機会を見つけて釣行したい。

まだまだ暑い日も続くと思われるので、熱中症対策を万全に釣行して頂きたい。また、ゴミは放置せず、釣り場はきれいに掃除をして、近隣住民や後から来る釣り人の迷惑にならぬよう気を付けよう。

<週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
居島新堤
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年9月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。