今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・横利根水門下流】

異常なまでの猛暑、少雨、高すぎる水温で各平場は食い渋り気味。だが水の動きがある川系なら早朝と夕マヅメ狙いでまずまずの釣りができる。佐原向地を流れる利根川・横利根水門下流はこれらの条件を満たしており、放流物主体の横利根川・網中とは異なり良型地ベラの強烈な引きを味わえる。足場もいいので手軽に竿を出せるのも魅力の一つ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

利根川・横利根水門の概要

千葉県香取市と茨城県稲敷市の境を流れる横利根川が利根川本流と合流する、まさに接続点が今回紹介する利根川・横利根水門。

横利根水門

利根川と横利根川では水面標高が異なるため、横利根閘門を介して水位調整し船の往来を可能にしている。そのため閘門が作動すると流れが発生する。

また利根川本流も満潮・干潮の影響で流れが発生し、接続する当釣り場も同時に流れ始める。

その潮位差は多い日で50cm以上。

さらに適当な水深を有しているので、今回の猛暑でも魚は元気にエサを追っている。閘門開閉時に横利根川網中の放流物や旧ベラが逃げ出してくるとの諸説もあるが、釣れるのは良型地ベラが大半。

フラシの影響など一度も受けたことがないような美ベラが姿を見せてくれる。

おすすめポイント

水門から利根川本流に向かって伸びる東西の平護岸がおもなポイント。川幅は約50m。

略図

ウキが立つ位置の水深は2~3mだが、流心部は4m前後あると思われる。

西岸(稲敷市側)寄りに流心があるので、東西の優劣は水深だけ見れば西側有利となる。しかし、背後に背の高いボサが生い茂っていて長竿の回し振りがしにくく、朝夕はボサ内に蚊が大量にいるので蚊取り線香などがあるといいだろう。

逆に東の平護岸は一部を除き背の低い草しか背後に生えていないので、釣りのしやすさでは西岸をしのぐ。

平護岸の幅がやや狭いので、座面が長い釣り台をベタ置きすると水際方向に出っ張ってしまう。

ベタ置きしてあぐらスタイルで釣りたいのなら短めの釣り台またはスノコを使うか、付属の足を継いで高さ調整するしかない。またぎスタイルであれば4本足を必ず継ぐはずなので問題はないだろう。

なお水位と釣りスタイルの違いで座面と水面に距離が発生し水汲みがしにくくなることもあるので、ヒモ付きバケツなどがあると便利だ。

なお西側の野地(未護岸エリア)も入釣可能ではあるがポイント開拓されていないので、釣り座ができていない。

また水門から離れるほど水深が浅くなるので、釣果的にどうかは不明。

次ページはオススメの釣り方紹介