【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が届いた。50cm頭にジャンボイサキが続々登場。ほか夜焚きイカに1.7kgマダコ、ドラゴンタチウオなど多彩なお土産を確保した。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:第一Soyamaru)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

熊本県:大将丸

7月13日、熊本県熊本市西区の熊本新港から出船中の大将丸は、野母崎沖に夜焚きイカ釣りで今季初出船。イカメタルで小~中型主体だが1人70~120尾の好釣果。タチウオは指幅7本サイズのドラゴン交え、日によりムラあるが、釣る人で30~50尾の日も。タイラバ、テンヤでマダイやアコウの良型が好調。バラシ多発で大ダイも期待できる。キス釣りも出船中。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場夜焚きイカ好調(提供:大将丸)
▼この釣り船について
大将丸
出船場所:熊本新港

熊本県:共栄丸

7月8日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖にタコ釣りで出船。釣る人は1.7kgを頭に19尾と好土産を持ち帰った。タチウオも好調でドラゴンサイズも交え釣る人で25~30尾。日によりムラあるが好土産有望。ヒラメ釣りでは2kg交え釣れている。キス数釣りも楽しみだ。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場1.7kg頭に好土産(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

熊本県:海人丸

7月11日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、タチウオ釣りに出船。指幅7本サイズのドラゴン交え良型が多く、釣る人で50尾。日によりムラはあるが、今後も期待大だ。タコも好調で2kg超え頭に数釣れている。キス釣り(1時間1000円~)出船中。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場指幅7本交え良型多数(提供:海人丸)
▼この釣り船について
海人丸
出船場所:新川漁港

大分県:みくに丸

7月11日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が大分沖の五目釣りに出船すると、この日はジャンボイサキを筆頭に良型マダイもヒットした。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場ジャンボイサキゲット(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

大分県:照陽

7月10日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖の五目釣りに出船すると、ご覧のようなジャンボイサキ交じりで乗船者らは釣果を伸ばし、いい土産をキープした。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場いい土産をキープ(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第二Soyamaru

7月3日、大分県杵築市・納屋港の第二Soyamaruが夜焚きイカ便で大分沖に出船。この日はラッシュこそないものの、乗船者らはぽつぽつ釣果を伸ばし大中小型のケンサキイカをキープ、釣る人は40~50尾の釣果を得ている。船長は「サイズも数も徐々に良くなると思います」と話している。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場今後に期待がかかる(提供:第二Soyamaru)

第一Soyamaru

7月11日、大分県杵築市・納屋港の第一Soyamaruが、イサキ五目便で大分沖に出船。釣り始めるとやや食いが渋い状況だったものの、徐々に活性が上がりダブル・トリプルヒットで取り込む場面もあり、大型イサキ40~50cm級交じりでいい土産ができたようだ。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含めジャンボイサキが続々登場大型イサキ50cm級交じりでゲット(提供:第一Soyamaru)
▼この釣り船について
Soyamaru
出船場所:納屋港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年7月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。