尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大

尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大

スイミングゲームをリードし続けてきた紀北町引本浦のエヌテックマリンでは、すでに好釣果が連発。気軽に遊べるレンタルボートでも、50cmを超すモンスターサイズのオオモンハタや40cm級のアカハタが次々と飛び出しており、今シーズンも期待できる状況だ。早速釣行してきたので、当日の模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

エヌテックマリンでスイミングゲーム

梅雨が明けて厳しい暑さが続くなか、三重県・尾鷲湾のスイミングゲームが絶好調だ。夏が大好きなサマーフィッシュたちは、食欲旺盛の夏バテ知らず。

そこで、私も「ビッグなハタが釣りたい!」。そんな思いをかなえるべく、6月28日の早朝からエヌテックマリンのガイド船で引本浦より出船した。

尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

早速タックルを準備。私は陸っぱり用のエギングタックルをそのまま流用。ロッドは8.3ftのモデルで小型のスピニングリールにメインラインはPEライン0.8号。フロロカーボンラインリーダー4号を1.5mほど結束し、30g前後のジグヘッドに3~4inch程度のワームをセットする。

40cm級オオモンハタ登場

最初のポイントには10分程度で到着。水深30m前後のポイントを中心に、湾内を手返し良く探っていく。このスイミングゲームは、「底を取って巻くだけ」と釣り方が非常にシンプル。腕力に自身のない人やお子さんでも十分に釣果が期待できる。しかし、その一方で巻きスピードや巻き回数、ワームのシルエットやカラーでも釣果に差がつくため、玄人をトリコにするゲーム性も兼ね備えている。

尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大ひたすらキャストを繰り返す(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

すると、早速私に良型がヒット。底を取って10回ほど巻きだしたところで、ガツンッと手元に衝撃が伝わった。ロッドはグングンと締め込まれ、海面には艶やかな茶色い個体が浮かび上がった。キャッチしたのは40cmクラスのオオモンハタ。

尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大40cmクラスまでが好ヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

その後も良型のヒットは続き、ジィーーーーーッと一気にリールのドラグを滑らす、しびれるファイトを楽しませてくれる。

尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大口にはイワシやキビナゴがびっしり(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

良型アカハタも顔出し

そこで中井船長に、「オオモンハタは十分に楽しんだのでアカハタが釣りたい」とぜいたくなお願いをし、ポイント移動。底をトントンとワームで探ると、あでやかなオレンジ色の魚体が力強い引きを楽しませてくれた。

尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大40cm級良型アカハタ登場(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

そして、ここまできたら、もう私のワガママなお願いは止まらない。「船長、ヒラスズキも釣りたいです(笑)」。そんな無理難題にも「今日はサラシがないから難しいよ~」と笑顔で応えてくれる中井船長。

尾鷲湾スイミングゲームで良型オオモンハタにアカハタ マダイも期待大ヒット直後はすごい馬力でロッドを絞り込む(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

すると、その薄いサラシの中にワームを投げ込んだ1投目。ガンッといきなりヒットしてビックリ。私のビックリアワセでバラしてしまったが、ヒラスズキも好調なので、興味のある人は船長に相談してみてほしい。

次のページでまさかのワームで60cmマダイ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。