【2022年】スイミングハタゲーム入門 シーズン・タックル・釣り方

【2022年】スイミングハタゲーム入門 シーズン・タックル・釣り方

「夏は巻いて釣る」。すっかり夏のド定番となったスイミングハタゲーム。ルアーをブリブリと泳がせ、小魚を追い回すオオモンハタやアカハタなどの高級魚をガツンッと釣り上げる。ロッドは強く締め込まれ、リールのドラグは悲鳴を上げる。釣って楽しい、食べておいしい、そんなぜいたくでアグレッシブなルアーゲームをナビゲートしよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ファイトのコツ

アタリがあった際は、ロッドを大きくサビき、ズバッと力強くアワセを入れ、その後は間髪入れずターゲットを一気に底から浮かせよう。それでも大型のオオモンハタやアカハタは、ドラグを勢いよくジジジジィーーーッと滑らせるほどの強烈な引きで、岩礁などの根に逃げ込もうとする。

最悪はラインを擦られてラインブレイク、そのような状況を免れても根に潜られて、全くターゲットを引き出せない状況に陥るケースもある。

【2022年】スイミングハタゲーム入門 シーズン・タックル・釣り方メイチダイなどゲストも多彩(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

このような場面では、焦らずラインを張らず緩めずの状態で相手の出方をうかがい、根から離れた瞬間に一気に根から引き離そう。

キャッチ率を上げるためには、相手に主導権を渡さない強引なファイトが求められる一方、根に潜られた際の落ち着いた対応、事前のリールドラグセッティングも重要といえるだろう。ドラグ設定はPEライン0.8号程度であれば、手で引っ張ってチリチリと滑る程度。ゆるゆる状態になっていないかはチェックしておこう。

資源保護とリリース方法

ハタやカサゴなどの根魚は成長のスピードが遅く、末永く根魚釣りを楽しむためにも、食べる量だけをキープして小さい個体はリリースすることが大切だ。海底からの水圧差があるため、小型の個体はゆっくり巻き上げよう。浮き袋がパンパンになった場合は、軽くお腹を押さえ、胸ビレの付け根付近にある骨の間から、おしり方向にエアー抜き用の針を刺してエアー抜きをしよう。ブスーッとエアーが抜ける音がしたら成功。リリース後の生存率が大幅に上がるので試してほしい。

【2022年】スイミングハタゲーム入門 シーズン・タックル・釣り方50cm級オオモンハタ(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

スイミングゲームはこれからが本番だ。モンスターとの出会いを求め、大海原でフルキャスト&スイミングを楽しんでみてほしい。

<週刊つりニュース中部版 橋本広基/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。