リレー船釣行:根魚&イカメタルで楽しさダブル【京都府・丹後エリア】

日中の猛暑は厳しいが、夜になればひんやりと涼しい日本海方面。この時期は夕方早めの出船で、根魚からシロイカへのリレー便が楽しい。8月14日は釣友の兵頭さん、山本さんを誘って、京都・網野浅茂川漁港から出船する丸田丸に乗船した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

当日のリレー予定

この日の釣り人は私たちを含めた5人。午後3時出船で、日暮れまではロックフィッシュ、日暮れからはイカメタルの予定だ。夕方は風もなく、潮もあまり動かずで大汗をかきながらのロックフィッシュ。

丸田丸は元々、完全フカセやテンビンフカセのマダイ、イサギ、青物などを主に出船していたが、船長自らがライトゲームも好きで、数年前から一つテンヤ、タイラバ、マイクロジギングなどライトゲームにも力を入れている。

まずは根魚狙いから開始

ミヨシでは2人がタイラバ、山本さんは一つテンヤ、兵頭さんは胴つきでのエサ釣り、私はマイクロジギングと好き勝手な釣りを楽しむ。水深は30m前後と浅い。

ドテラで流すので、潮下にマルシン漁具のペンタトニック28g(ブルーピンク)で遠投。ボトムを取り、軽くシャクり上げてはボトムまでフォールさせる。

すると、ボトム直前にガツガツッと反応があり、あわててロッドを立てるとグイグイと感触のいい反応が…。重々しい引きを楽しみながら浮かせてくると35cmほどのアコウだ。1投目から幸先のいいヒットだ。

まずはアコウから

次ページで根魚連発!