人気シーバス釣り場「養老川」でマナーを守って55cm良型キャッチ

人気シーバス釣り場「養老川」でマナーを守って55cm良型キャッチ

ここ養老川は関東屈指のシーバスフィッシング人気スポットです。河口へ行くと、ウェーディングのシーバスフィッシングが有名です。ただ、エイが多いので注意としっかりとした準備が必要です。さらに、市原海釣り公園なども養老川の河口に位置します。この時期はサビキ釣りが楽しめますよ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

人気シーバス釣り場「養老川」

ここ養老川は関東屈指のシーバスフィッシング人気スポットです。河口へ行くと、ウェーディングのシーバスフィッシングが有名です。ただ、エイが多いので注意としっかりとした準備が必要です。さらに、市原海釣り公園なども養老川の河口に位置します。この時期はサビキ釣りが楽しめますよ。

人気シーバス釣り場「養老川」でマナーを守って55cm良型キャッチ平日でも人気の橋脚下のポイント(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

橋脚下で釣りスタート

5月26日、そんな養老川の中流域へシーバス狙いで入ります。ここも陸っぱりで有名な橋脚下のポイントです。この橋脚の反対側は遠浅になっていて、こちら側が深いですが、足場については反対側の方がいいです。釣果については筆者が思うには、さほどかわらないと思います。

平日のこの日も入釣時には誰もいませんでしたが、しばらくすると2?3人のアングラーがすぐ近くにいました。ここは近くに駐車場などが全くないにも限らず、平日でもアングラーが途切れない、ハイプレッシャーフィールドでもあるのです。

人気シーバス釣り場「養老川」でマナーを守って55cm良型キャッチ対岸は浅い(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

巻かない&ルアー動かさない

さっそく釣り始めると、流れが速くなり、同時にベイトの動きも活発になり、チャンス到来かと思いきや、たまにしか出ないボイルを見ると、あまりやる気があるとは思えません。濁り、流れ、ベイトと、これ以上ないくらい揃った条件下なのに、シーバスのテンションだけが低い。

今日はかなり厳しい釣りになる事を覚悟するとともに、こんな日は余計なことをしない、スマートな釣りがいいと判断。流れを利用して、ルアーをいっさい動かさず、何もせずに釣ることにしました。つまり、巻かない釣りです。と、言っても、そのままではラインが流されるので、ラインのスラック(余分なイト)だけは取ります(巻きます)。ここで巻きすぎると食わないのです。

フローティングミノーで55cmシーバス

スラックを取って、ラインを張りぎみに、川の流れをルアーの横に当ててシーバスがいるであろうポイントへ流していくイメージです。これは、フローティングミノーでも、シンキングペンシルなどでも同じです。筆者は、フローティングミノーを使います。

すると、ちょうど街灯の切れ目(明暗部)にさしかかる所でアタリが来ました。さほど大きくはありませんが、ハイプレッシャー&難しい状況下では逃せない一匹です。慎重にやりとりをして上がって来たのは、55cmのシーバスでした。思い通りに釣れた一匹は、お風呂上がりの生ビールのように格別です。

人気シーバス釣り場「養老川」でマナーを守って55cm良型キャッチ何とか良型をキャッチ(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

次のページで人気スポットゆえの注意点を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。