沖磯イシガキダイ釣りで本命4尾 ガンガゼ「チラ見せ」作戦が的中?

沖磯イシガキダイ釣りで本命4尾 ガンガゼ「チラ見せ」作戦が的中?

大江(熊本県天草市)の沖磯で、イシガキダイの食いが活発化している。6月1日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

イシガキダイの釣期

大江のイシガキダイは夏から秋がシーズン。ガンガゼをエサにしたブッコミ釣りで狙う。ここ数年は釣期がうしろにずれる傾向にあり、11月ごろまで釣れるところがうれしい。型は1kg前後を中心に2kg前後交じり。時折2~3kgの本イシ(イシダイ)もくる。

大江漁港発でバクチ瀬へ

この日は大江漁港(同市)の渡船に乗船。午前5時前に出船し、まずは小ケ瀬や大ケ瀬を目指す。しかし、海上はウネリがあり、乗れる磯が限られた。そのため、私は大ケ瀬の近くにあるバクチ瀬に渡ることに。大きい独立瀬で安全な場所だ。

沖磯イシガキダイ釣りで本命4尾 ガンガゼ「チラ見せ」作戦が的中?大江漁港周辺図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

渡礁後は急いで準備に取りかかる。ハリは強固で刺さりのいい石鯛ワイヤーを選択し、これにガンガゼをセット。まずは15m前後のタナから探りを入れた。

沖磯イシガキダイ釣りで本命4尾 ガンガゼ「チラ見せ」作戦が的中?当日のタックルと仕掛け(作図:TSURINEWSライター松田正記)

ガンガゼチラ見せ作戦

いつもなら、仕掛け投入後は持ちザオで構えるが、「エサ取りが少ない」という情報を元に、1投目から置きザオにした。仕掛け投入から5分経っても、穂先はピクリともしない。そこで今度はガンガゼの殻を少し割り、中身を見せる〝チラ見せ〟作戦。これが奏功したのか、2投目以降はガゼ突きが見え始めた。

沖磯イシガキダイ釣りで本命4尾 ガンガゼ「チラ見せ」作戦が的中?ガンガゼの中身チラ見せ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

魚にスイッチ入れ宙釣りへ

手返しすること1時間、ようやくアタリが大きくなってきた。エサ取りを含め、魚のやる気スイッチが入ったようだ。

アタリは出るものの、なかなか走って(食い込まない)くれない。そこで思い切ってタナを7mまで浅くし、宙釣りを試みた。

次のページで狙いのイシガキダイが登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。