関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩

5月に入り、関門海峡エリアのマダイテンヤが本格的にスタートした。5月3日の釣行をレポートしていく。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

船釣り エサ釣り

RYUSEIで関門海峡へ

本州と九州の境を流れる関門海峡。速い流れが多くのエサを呼び、それに多くのフィッシュイーターが集まってきます。今回はいつもお世話になっている関門RYUSEIに乗船。

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩お世話になった関門RYUSEI(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

釣行は5月3日(火)、潮は中潮で、満潮は10時前後。6時に出港しました。

朝マヅメにて連発

多くの釣りで朝マヅメはチャンスですが、もちろんマダイテンヤでもチャンスタイムとなります。少しキャストして底を取った後ふわふわとテンヤを浮かせていると、ゴツッと押さえ込む良型特有のアタリ。

鋭くガンガンと伝わってくる首振りからタイ類を確信し、ドラグは緩めずにゆっくりと上げてきます。最低50cmの良型マダイです。

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩早々に良型(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

同行の釣友にも本命が続々とヒットしました。

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩釣友にも本命(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

朝マヅメはマダイのやる気が高いので、誘いを常に意識してシャクリとフォールを織り交ぜていきます。ステイが有効なタイミングもありますが、こういう時は多く誘いを掛けた方が釣果に繋がりやすいです。

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩誘って攻略(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

マダイ以外もよく釣れる

5月ごろからのテンヤでは生きエビを使用できるようになるので、マダイに限らず多くの魚種が掛かります。

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩ゲストのカサゴ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

定番の嬉しいゲストのカサゴ。テンヤで釣れる個体は良型が多いです。

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩クロダイもヒット(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

マダイに似た引きで上がってくるのはクロダイ。こちらも美味だそうですが、今回はリリースしました。その他にも同船者には良型キジハタやヒラメが上がっていました。

昼前になるとRYUSEIでは船長の粋な計らいで麺類が出てきます。肌寒い日はカップラーメンが出ますが、暑い日は冷やしうどんがでてきます。とてもありがたいサービスです。

関門海峡のテンヤマダイ釣りで50cm頭に本命連打 ゲストも多彩サービスの麺類がうれしい(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

次のページで最終釣果を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。