イカメタル攻略!タックル&仕掛け〜釣り方まで【キホン徹底解説】

大人気! イカメタルのシーズンが今年も盛期に突入した。この時期のターゲットは、なんといっても美味なケンサキイカ。小型の数釣りはもちろん、40cmを超えるパラソル級も期待できる。今回はこのケンサキイカをターゲットに据えたイカメタルゲームのあれこれを、エキスパート青木将晴さんに解説してもらった。ぜひ名手のテクニックを覚えて、ライバルに差をつけよう!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

リール

イカメタルに使う道具などについて紹介していこう。

まずはタックルの特徴だが、地域や釣り人によってタックルも違い、スピニングのタックルを使用する人、ベイトタックルをメインに使う人に分かれる。

スピニングタックルの特徴は、スピニングリールのベールを返せばフリー状態となることで沈下スピードが速い点や、ベイトタックルに比べてリールのスプールトラブルが少ないことが挙げられる。

また、少し沖を狙いたいときなどにはキャストが簡単である。

ベイトリール

対して、ベイトタックルの特徴は、タナの設定が重要となるイカメタルでは、カウンター付きのベイトリールを使用すれば明確なタナに仕掛けをセットできる。

上げ下ろしの際のスプールフリー、巻き上げにかかる手間が少なく、手返しが速い。

イカメタルに使うラインは、基本的にPE0.6号を使っている。PEラインの先にはリーダー2号前後を2ヒロほど入れておく。

ロッド(サオ)

スピニング、ベイトのどちらの釣り方にも言えることだが、ロッドの選び方について少し紹介しよう。

ロッドは大きく5~6フィートのショートロッドと、6フィート以上のロングロッドに分かれる。慣れれば自分の釣りに合った長さがおのずと分かってくるが、初心者にはショートロッドがお勧めだ。

メリットとしては短いロッドの方がアタリが明確に分かる点や、短いロッドなので船上での操作がしやすい点などが挙げられる。

逆に、ウネリや風で船が大きく揺れるときは、少し長めのロッドがお勧めだ。船が大きく揺れると仕掛けが安定しないが、長いロッドを使用することでロッドが揺れを吸収してくれ、仕掛けを安定させやすいからだ。

次ページで仕掛け類を解説!