ティップランエギングで800gアオリイカ2尾 春特有のアタリで手中

ティップランエギングで800gアオリイカ2尾 春特有のアタリで手中

佐賀県唐津市東唐津港のWingarで、呼子沖でアオリイカを狙い、終盤戦ティップランエギングに行ってきた。良型アオリイカの、春特有のアタりを実感した釣行をレポートする。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川 徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

Wingarでアオリイカ狙い

北部九州地方の気温も上がり桜満開。水温も上がり、やっとアオリイカの活性も上向きになってくれていることを願っての釣行。

3月下旬、中潮。佐賀県唐津市東唐津港より出船中のWingarを利用して、呼子沖での終盤戦ティップランエギングに行ってきた。

ティップランエギングで800gアオリイカ2尾 春特有のアタリで手中当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川 徹)

同船者にコウイカヒット

午前7時出船。予報通り、まだウネリが残っている。最初のポイントに到着。しかし、水温が13.1度だったため、即移動。

次のポイントの水温は少し高かったため、釣り開始。水深約25m。しばらくして、トモの同船者にヒット。だが、コウイカだった。満潮の潮止まり付近だからか?はたまた潮が悪いのか?前者ならよいのだが。

ポイント移動。下げ潮に入った。今度のポイントは少し浅め。薗田船長よりレクチャーを受けたティップランエギング初挑戦の同船者にヒット。良型アオリイカだった。やはり初めての人は、言われるがままにするので釣れる。

良型アオリイカ手中

10時、2回目の着底後、シャクろうとしたら乗っていた。やっぱりアオリイカの引き味が最高だ。800g。キロアップが1尾追っていた。

この後、正午ごろに別のポイントで同サイズをキャッチ。同じく乗っていたアタリだった。この2尾のアタり方は春特有のもの。

ティップランエギングで800gアオリイカ2尾 春特有のアタリで手中ナイスサイズのアオリイカを手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川 徹)

春らしい光景も見れて、「海の中でも春はすぐそこまできているな」と実感した釣行だった。次回のレポートは、キャスティングエギングの予定。

<週刊つりニュース西部版APC・吉川 徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
出船場所:唐津市・唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年4月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。