オフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配

オフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配

山口県長門市油谷・久津漁港の入江丸で、半年ぶりにジギングへ行って来た。釣行当日は、手巻きで一生懸命シャクっている私からすれば納得いかないのだが、電動ジギンガーの方が、明らかにヒット率が高く明らかに魚の反応が違った。そのあたりも踏まえ、当日の釣りをリポートしたい。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

入江丸で沖のジギング釣行

3月下旬、山口県長門市油谷・久津漁港から案内中の入江丸でジギングへ行って来た。

昨年末は落とし込みメインで釣行していたこともあり、ジギングは約半年ぶり。前日は春の嵐で、暴風・暴雨で波高4mだったこともあり出船も心配されたが、急速に天候も回復して晴天ベタナギ、絶好の釣り日よりとなり期待感高まる中、午前6時30分に6人で出船。

ポイントの汐巻までは約30分で到着。遊漁船や漁船も多かったが、多数の海鳥が飛び回っていることでさらにテンションが上がった。水深は60~70m。底から10mくらいと中層くらいにベイトボールの反応も。期待するも本命からの反応がない。

オフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配ジギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

再開早々に青物が連発

1時間ほど静かな時間がすぎたころ、前方の鳥山下に何やら生物が姿を見せた。イルカだ。この反応で食わないのはイルカのせいだ。船長もこのポイントに見切りをつけ、再び沖のポイントへと移動。

再び30分ほど移動し、100~110mとやや深場のポイントに到着。周りに船はいないが、ここでも海鳥が多数飛び回っている。魚探の反応も底から30mくらいまでびっしり出ている。

再開早々、右舷ミヨシの電動ジギンガーに3kgクラスのヤズがヒット。続けて左トモにも同サイズがヒット。どちらも「中層までシャクって食った」とのこと。やはり魚は上ずっているようだ。すると、隣で電動ジギングをしていた吉武さんにヒットすると、私にも待望のアタリ。

各所での連発に船内のボルテージも上がる。吉武さんが無事ランディングに成功し、私もあと20mほどまで上げたが、まさかのフックオフ…。

オフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配ブリがヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

ファーストヒットは3kg級

気を取り直して続けていると、底から10mくらいのところでジグに絡みつくような感覚。少し止めて食わせの間を与えると乗った。3kgクラスの小型ながら、ようやくファーストフィッシュをキャッチした。

オフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配好ファイトを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

再び同じパターンでフッキングに成功するも、今度は魚の腹にフックが掛かる。隣の吉武さんにもスレ掛かりでヒットし、後ろのアングラーは尻尾に掛かっていた。食い気自体はさほど高くないのか、ジグに興味を示してジャレついてスレ掛かりするパターンが続いた。

オフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配ヒラマサも浮上(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

次のページで手巻きと電動のヒット率と釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。