ちょい投げキス釣りで18cm頭に本命12匹 本格シーズン到来を予感

ちょい投げキス釣りで18cm頭に本命12匹 本格シーズン到来を予感

3月29日、少々気が早いが、ちょい投げでキスが釣れないものかと南紀・田辺の芳養漁港へ釣行した。まだまだ低水温で活性は決して高くなかったが、各所でアタリをもらい18cmまでを12匹の釣果となったので、当日の釣りの模様をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター牧野博)

牧野博

初めて投げ竿を持ったのはもう50年近く前、関東で就職してからクラブに入会し、投げ釣りの面白さに魅了されました。根掛かりの多い砂地の磯場や河口内でわざわざ引き釣りをするという特異な習性があるほか、秋にはヘラ竿を持って汽水域を徘徊することもあるようです。

×閉じる

海釣り 投釣り

芳養周辺でちょい投げキス

3月も下旬になり、一雨ごとに暖かさが増してゆくようになった。サクラがほぼ満開に近くなり、日中は身体を動かしていると汗ばむ日もあるほどだ。紀南では早くもキスがニアポイントに近づいてきたようである。

3月29日、たまたま休みが取れたので田辺・芳養周辺を探ることにした。当日は若潮で、午後が上げ潮回りでのんびり釣行するにはちょうどいいコンディションだった。

高速を南下、途中のサービスエリアで軽く昼食を取り、芳養に到着した時は午後1時を回っていた。すでに潮は込み始めている。今回はちょい投げ1本に絞り、芳養の漁港(昔からある漁港の方)に入る。

ちょい投げキス釣りで18cm頭に本命12匹 本格シーズン到来を予感当日の釣り場(提供:TSURINEWSライター牧野博)

2投目で本命13cm

あいにく曇りで、時々小雨がぱらつく天気であったが、3日前の荒れは残っておらず、穏やかだった。ただ、この時期は藻が多く、特にとろろ昆布のような藻が多いとそれが仕掛けに絡んで釣りにならないが、漁港の一番奥のスロープから軽く投げてさびいたところ、その心配はないようだ。

当日のタックルは改造ルアーロッド10ftにリールはキャスティズム25、ミチイトはPEライン0.8号にナイロンチカライトをつなぎ、オモリは10~12号である。

港内の中心部の潮目をめがけて軽く50m程投げゆっくりさびく。まだ水温が低いのでキスの活性は非常に低いが、2投目でコツンという小さな前触れアタリをキャッチ。そのまま少し待っていると、ミチイトを軽く引くような2度目のアタリが出たので、慎重にリーリングして13cmのキスを取り込んだ。

3時間半でツ抜け

上げ潮で漁港内に入ってきたのだと思われるが、潮がよく動いているようなので、潮目のできている港内の中央部を狙い、ここで4匹のキスを手にする。型は15cmまでだが、ちょい投げゾーンでもキスが動き始めたのは確かである。

その後、漁港入り口の小波止に移動、先端部から船道を中心に探り、ここでは18cmまでを6匹。魚信はまだまだ散発的であるものの、3時間半ほどでツ抜けを達成することができた。

さらに、少し歩いて小さな浜に移動、砂浜はまだ無理かと思ったが、ピンギスを1匹追加することに成功。超フライング気味ののんびりちょい投げキス釣行は、結構まとまった釣果になった。

ちょい投げキス釣りで18cm頭に本命12匹 本格シーズン到来を予感ピンギスが出た浜(提供:TSURINEWSライター牧野博)

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。