【2022年】遠州灘サーフタチウオゲーム入門 使用ルアー・釣り方を解説

【2022年】遠州灘サーフタチウオゲーム入門 使用ルアー・釣り方を解説

静岡・遠州灘のタチウオゲームが熱い。ご当地、注目のサーフタチウオゲーム。その基本を解説するので参考にしてほしい。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 浜松市・橋本康宏)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

静岡の陸っぱりタチウオ釣り

静岡県のショアからのタチウオゲームは、急深サーフが続く駿河湾で狙うのがメインとなっている。沼津のサーフや石津浜は人気スポットで、日没から夜間の時合いに備え、夕方には多くの釣り人が訪れる。

しかし、ここ数年は遠浅のサーフである静岡県西部に位置する遠州灘でも、タチウオが安定して釣れるようになった。

タチウオは立ち姿勢で泳ぐイメージがあり、遠州灘の浅いサーフに接岸してくるのは意外だった。しかも、サイズは指5本の良型が多い。

このあたりの海岸は、ヒラメ釣りで人気のフィールドだが、昨今はオオニベやタチウオが接岸してくるようになって、朝夕以外に夜間にも多くの釣り人で賑わうようになった。

遠州タチウオのポイント

静岡県西部に位置する遠州灘のサーフは、御前崎から浜名湖今切口周辺までがこれにあたる。どこのエリアでもタチウオが接岸する可能性があるが、実績が高いのは中田島から天竜川河口周辺のエリアだ。タチウオ、そしてオオニベの実績もあり、ナイトゲームでも人気のフィールドだ。

遠州灘のサーフは、遠浅なので水深が浅い。白い波が連続的に立っている所は水深が浅すぎてタチウオ狙いには不向きだ。波が立っていない深みを狙うのが良い。

狙う時間帯

狙う時間帯は、日没前後から2時間以内が目安となる。潮の具合ももちろん関係あるが、タチウオは時間による接岸が多いと感じる。

狙う時間が決まっている分、人気の釣り場は釣り人が多く、週末には場所が空いていない事も多い。このため、明るい時間帯にフィールドに入っておくのがお勧め。併せてトラブルを防ぐため、両隣に一声掛けておくこともお勧めしたい。

また、人混みを避けて夜中に釣行する人も多く、実績も十分出ている。日没後2時間を基本に、夜中に狙うのもOK。なお、潮位は低い時よりは、高い方が接岸が多いと感じている。

【2022年】遠州灘サーフタチウオゲーム入門 使用ルアー・釣り方を解説サーフから釣りあげたタチウオ(提供:週刊つりニュース中部版 浜松市・橋本康宏)

使うタックル

準備するタックルは普段サーフでお使いのタックルで問題ない。

40g前後のルアーが投げられる10ftのスピニングロッドに4000番のスピニングリール。ギアはハイギアの方が釣りを有利に展開しやすい。

ラインはPEライン1~1.5号、リーダーはフロロカーボンラインの5号~7号。私の場合は、PEライン1号にフロロカーボンライン6号のリーダーを使用している。

ルアーについて

駿河湾のタチウオでは、メタルジグやジグヘッドワームの出番が多いが、遠州灘の遠浅のサーフでは、ミノーやシンキングペンシルをメインに使用する。

【2022年】遠州灘サーフタチウオゲーム入門 使用ルアー・釣り方を解説シンキングペンシルのウェッジ(提供:週刊つりニュース中部版 浜松市・橋本康宏)

水深がなく、波があるサーフなので目立たせるといった意味でもプラグを使う。接岸しているタチウオが指5本の大型も多いため、12~14cm前後のルアーが好適だ。長さのあるルアーなら、リーダーがタチウオの歯に触れて切れるリスクを軽減できる。ワイヤーリーダーを使用してもいいが、食いが悪くなる印象があるので私は使用しない。

具体的なお勧めルアーは、フローティングミノー「タイドミノースプラット140」、シンキングペンシル「ウェッジ120」と「ウェッジ140」の実績が高い。カラーは好みで構わないが、目立つ色の方が視認性も良くオススメだ。レッドヘッドは特に人気が高い。

次のページで具体的な釣り方と今後の展望を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。