船宿めぐり:第三松栄丸【千葉県・大原港】

今年、外房大原沖のヒラメがいつもより1カ月早い、9月1日(土)に一部解禁される。同港の第三松栄丸は、30周年を迎えた。

大原海水浴場のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

夏ビラメ開始!

写真右が二代目の中井英明船長

「以前は、ヒラメやマダイ、イサキにしても季節感があったけど、最近はなくなってしまった。でも、お客さんの希望第一だから…」と話すのは二代目の中井英明船長(52歳)。

「夏ビラメ=猫またぎなんて、呼ばれることもあるけど、今はクーラーボックスや冷蔵技術が向上。そんなことはなくなった。水温が高いぶん、魚の活性が高い夏場のほうが釣りやすいので、初心者や入門者にはオススメです」と続ける。

第三松栄丸船着き場

大原沖のヒラメ釣りは基本、横流しで点在する根を広範囲に探る。

流し替えのときは船を180度回転させて、潮先になる舷を左右入れ替え。ミチイトが船下に入り込むときがチャンス。

仕掛けを聞くと、ハリスとステイトは同じか、ステイトのほうを少し長くして、オモリトントンで海底をキープ。

今は三代目の椋介さん(26歳)が仲乗りとして修業中。デビューの日も近い。

<週刊つりニュース関東版 佐藤/TSURINEWS編>

 

▼この船について
第三松栄丸
エリア:外房エリア
出船港:大原港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年8月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。