城ヶ島の沖堤防でウキダンゴ釣り 50cm級クロダイにマダイ好捕

城ヶ島の沖堤防でウキダンゴ釣り 50cm級クロダイにマダイ好捕

3月6日(日)、相模湾城ヶ島の沖堤、赤灯台堤防でウキダンゴ釣りを楽しんだ。狙いのクロダイ50cm級にマダイをキャットしたので、その模様をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

沖堤防でウキダンゴ釣り

4時半、渡船を行う一休丸に到着。受け付けを済ませて待機し、6時に荷物を積み込んで出船。

赤灯台堤防は目の前なので、5分ほどで到着。釣り場に着くと、堤防先端外側に入り、周辺の釣り人に挨拶してから、エサを用意する。 

コマセは紀州マッハ1袋に細びきさなぎ、チヌパワー、アミ姫をブレンドして、海水を少量ずつ入れながらバラケ具合を調整。

城ヶ島の沖堤防でウキダンゴ釣り 50cm級クロダイにマダイ好捕釣り座の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

良型マダイの実績もある釣り場なので、竿は0.8号5.3mに中型レバーブレーキ式スピニングにミチイト2号で、ハリス1.75号、チヌバリ3号の自作寝ウキ仕掛け。タナオモリを付けポイント周辺を丹念に調べると水深約7~8m。

根掛かる場所があるので砂地を狙う。潮は、沖の白灯台の方に流れているので、これを考慮して、タナを取る。

付けエサは、オキアミとサナギ、練りエサ、コーンを用意したが、まずは、オキアミで開始。

50cm級クロダイ手中

5投目からアタリがあり、30cm級アイゴが連発。

タナをさらに深くしてダンゴを投入すると、鋭いアタリが到来。アワせると沖に走って小型マダイ。さらにカワハギも追加したが、アタリがなくなり苦戦。

しばらく続けていると、寝ウキが立ち上がり消し込む。マダイとは違う引きで、手前のケーソンに突っ込まれないようにやりとりして50cm級クロダイ。

城ヶ島の沖堤防でウキダンゴ釣り 50cm級クロダイにマダイ好捕当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

以降はエサ取りが増え、14時に周辺を掃除して15時の船で帰った。この釣り場は、足場がよく、多彩な魚が釣れるので面白い。次回の釣行は、さらに大きい魚を狙ってみたい。

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
赤灯台堤防
渡船:一休丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年3月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。