堤防サビキ釣りでカタクチイワシなど166尾 時合いにはコマセ不要?

堤防サビキ釣りでカタクチイワシなど166尾 時合いにはコマセ不要?

3月6日(日)、サビキ仕掛けの小物釣りを楽しみに神奈川の早川港へ釣行。しばらくは無反応の時間が続いたが、潮が上げに転じてから釣れだし、最終的にはコマセなしでも釣れる状況に。息子と二人でカタクチイワシなど166尾を釣った釣行をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

早川港でサビキ釣り

3月6日(日)、神奈川の早川港でサビキ仕掛けの小物釣りを楽しんだ。前日の下見で多くの釣り人と、水面に光る魚群を確認したので、期待できそうだ。

小学4年生の息子を連れ出し、港に10時すぎ到着。港内の駐車スペースはいっぱい。港前の小田原FBCに立ち寄ると、店主から「コマセがなくても釣れると思うけど、釣れない時間帯もあるので、一応あったほうがいい」と聞いたので、同店特製のトリックサビキ仕掛けとアミコマセを購入。

堤防サビキ釣りでカタクチイワシなど166尾 時合いにはコマセ不要?周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

開始1時間は無反応

港内の東側中央付近に空き場所を見つけて釣り開始。息子が1.8mのトラウトロッドでルアーを投げている間に、私は6.1mのノベ竿を用意。

潮が動いておらず、コマセを撒いても漂うだけ。いかにも魚の活性は低そうで、たまに魚群が見えても食ってこない。来る時間が遅かったか……。

私たちの右側、堤防の角に入っていた少年グループは、単発ながら釣り上げているので、「なにが違うのだろうか」と横目で見ながら1時間ほど誘ったが無反応。

堤防サビキ釣りでカタクチイワシなど166尾 時合いにはコマセ不要?港内の様子(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

常連は鈴なりでヒット

正午前になると、常連と思われる3人組が少年たちのすぐ左に入って竿を出すと、鈴なりで上がってくる。3人とも、魔法のように次々と魚を掛ける。

すぐ隣に入るのは、気が引けたが、邪魔にならない程度に少年たちの右側で竿を出した。竿のリーチの差で息子よりも有利だと思っていたが、先に魚を上げたのは息子。岸壁際で掛かるとは思っていなかった。

13時、少年たちは「釣りすぎちゃったよね」と帰り支度。どうやら8~9時によく釣れたらしい。

堤防サビキ釣りでカタクチイワシなど166尾 時合いにはコマセ不要?鈴なりで上がってくる(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

上げ潮に転じてアタリ到来

13時半、上げ潮に転じると私のノベ竿にもアタリが到来。

息子はサイトフィッシングで中~表層の群れを狙い撃ちし、1尾掛かると、追い食いを狙い、次々にハリ掛かりした魚が暴れて掛かってくるので見ている方もドキドキで、5点掛けもあった。

堤防サビキ釣りでカタクチイワシなど166尾 時合いにはコマセ不要?息子は5点掛けも(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。