「平家」にちなんだ名前を持つ魚は実は沢山いる? 清盛に敦盛に知盛

「平家」にちなんだ名前を持つ魚は実は沢山いる? 清盛に敦盛に知盛

栄枯盛衰を体現し、今も多くの人々が思いを馳せる「平家」の人々。その名武将の名前を関した魚たちがいます。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

まるでモンスターと話題の「敦盛魚」とは

最近、SNSでとある「カッコいい」魚がちょっと話題になったのをご存知でしょうか。

その魚とは「アツモリウオ」。ほとんどの人は聞いたこともない名前だと思いますが、食用として人気の「八角」ことトクビレの仲間で、赤い体色と大きな鰭が特徴の魚です。

「平家」にちなんだ名前を持つ魚は実は沢山いる? 清盛に敦盛に知盛平敦盛の銅像(提供:PhotoAC)

アツモリウオは北海道や東北の冷たい海に生息しており、その名前はもちろん平安時代の武将「平敦盛」に由来します。その赤い体色といかついシルエットを、赤い兜が代名詞であった敦盛になぞらえたのだと思われます。

日本人は魚介類を「平家」に例えがち

実はこのアツモリウオに限らず、我が国には「平家」に関連する和名を持つ魚介類がいくつもいます。最も有名なものはおそらく「ヘイケガニ」でしょう。このカニは背中に怒った人の顔のような模様があり、これを「源氏に滅ぼされ怨念を持って死んだ平家の人々」の怨霊に例えたのです。

またこれは標準和名ではなくて地方名ですが、瀬戸内海沿岸ではミノカサゴを平清盛になぞらえ「キヨモリ」と呼ぶところがあります。派手な模様の鰭の中に毒針を持つミノカサゴを「派手な法衣の中に凶器を潜ませていた」という平清盛になぞらえたのではないか、と言われます。

「平家」にちなんだ名前を持つ魚は実は沢山いる? 清盛に敦盛に知盛ミノカサゴ(提供:PhotoAC)

この世の春を謳歌するも、時勢に負けて滅亡した平家は、その悲劇的な物語性もあって、いまでも多くの人に親しまれる存在です。生き物の名前にも用いられやすいのかもしれません。

次のページで名前が「タモリ」のサカナとは?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。