夜の堤防でエサメバル釣り 電気ウキ仕掛けで24cm頭に6尾手中

夜の堤防でエサメバル釣り 電気ウキ仕掛けで24cm頭に6尾手中

大矢野一帯(熊本県上天草市)で、メバルの食いが活発だ。2月6日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

陸っぱりエサメバル釣り

大矢野一帯(同市大矢野町)のメバルは冬から春がシーズン。堤防や護岸から夜釣りで狙う人が多く、ビワコエビなどをエサにした電気ウキ仕掛けで釣る。型は15~20cmあり、時折25cmほどが交じる。メバルのほかに、カサゴ、セイゴ、チヌなど他魚が多いところもうれしい。

夜の堤防でエサメバル釣り 電気ウキ仕掛けで24cm頭に6尾手中(作図:TSURINEWSライター松田正記)

柳港で実釣

当日は午後8時ごろに同町の柳港に向かった。北西の風がやや強い予報だったが、ちょうど風裏になり、釣りやすそうだ。

同港に着くと、すぐに準備へ。ウキは遠近自在に探れるLFスマート、ハリは細身で生きエサが弱りにくいチンタメバルを選択。ビワコエビをチョン掛けにし、1ヒロ半のタナから探りを入れた。

夜の堤防でエサメバル釣り 電気ウキ仕掛けで24cm頭に6尾手中ビワコエビをちょん掛けにする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ゲスト魚が連打

間もなくアタリがあり、上がったのは17cmほどのカサゴ。カサゴは底近くにいることから、今度はタナを浅くしてみた。それでもカサゴが連打。わずか5投でカサゴが3尾釣れた。

さらにタナを浅くすると、アタリがない。ここで早々に見切りを付け、登立港に移動した。同港も北西の風に強く、快適にサオが出せそうだ。

待望の本命メバル登場

タナを1ヒロ半に戻し、10mほど先に仕掛けを投入。リールをゆっくり巻きながら、誘いをかけると、すぐに魚信が出た。

釣れたのは17cmほどのメバル。やや小ぶりだが、ようやく本命が上がり、ひと安心。

24cm良型を好捕

連発を期待したが、2尾目のアタリは遠い。タナをかえたり、仕掛け投入点をずらすなどいろいろ試すが効果はなく、諦めかけた時だった。電気ウキが横走りし、サオに乗った。

サオを立てると、手応え十分。小気味いい引きを味わいながら、そっと抜き上げたのは24cmの良型メバルだった。

時合い突入

この1尾を境に時合いに突入。リリースサイズを含め、8連チャンと勢いづいた。だが、肝心なエサが寒さで弱ってきた。

次のページで当日の最終釣果と今後の展望を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。