常磐沖タチウオが絶好調 指6本半のドラゴン級含みジギングで46尾

常磐沖タチウオが絶好調 指6本半のドラゴン級含みジギングで46尾

常磐沖のタチウオは絶好調。そこで、1月13日(木)、日立港久慈漁港の釣友丸から釣行。指6本半のドラゴンを頭に46尾で、大型クーラー満タンとなった釣行の模様をリポートする。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

釣友丸でタチウオ釣り

当日は5時に船着き場に到着。受け付けを済ませて第二釣友丸に乗船。8人の常連を乗せ5時半出船。釣り場までは船内でのんびりと過ごす。

この釣りの場合、船は魚群を探して走り回り、減速や発進を繰り返す。南の沿岸で群れを探していたが、薄いようで沖へと移動。

常磐沖タチウオが絶好調 指6本半のドラゴン級含みジギングで46尾久慈漁港略図(作図:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

魚探真っ赤で開始早々本命

濃い魚群を見つけたのか、狭い範囲を丁寧に周って船が止まる。探見丸を起動すると水深40m前後で、底から半分くらいまで魚群で真っ赤だ。

「どうぞ」の合図で100gのメタルジグを沈めると着底前のフォール中にヒット。手応えは軽く、指3本半。

このサイズが続けて釣れたが、徐々にサイズアップし、指4本半が交じりだす。こうなると各方向から船が集まり船団を形成。船の下は相変わらずと魚群で真っ赤。船上はタチウオ祭り状態。

指5本超えもヒット

20号のバイトリーダーが切られることもたびたびで、あまりの魚の濃さにミチイトを切られることも…ルアーのロストは痛手だが、それでも釣り続けていると指5本超えを数尾キャッチ。

この日同船した大山雅幸さんのクーラーはすでに満タンでふたが閉まらないほど。

常磐沖タチウオが絶好調 指6本半のドラゴン級含みジギングで46尾大山さん(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

テンヤでも好調

群馬から来た野地さんは持参したイワシエサのテンヤで狙う。数ではルアーに軍配があがるが、指5本以上をそろえている。この釣りも面白そうだ。

船団はさらに大きくなり、10時すぎに船長はナダに向かって移動。朝に群れを探した辺りへ戻ると、ここの群れも有望で、魚探は底から広範囲に赤くなっている。

常磐沖タチウオが絶好調 指6本半のドラゴン級含みジギングで46尾野地さん(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

次のページで指6本半の超大型が登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。