サーフでのフラットゲームで50cm寒ビラメ手中 ただ巻きにヒット

サーフでのフラットゲームで50cm寒ビラメ手中 ただ巻きにヒット

新年初釣りに愛知県田原市の浜田海岸へ、サーフフラットゲームを楽しみに出かけた。前半はボラのみだったが、ロングビーチに移動して本命をキャッチした1月3日の釣行の模様をお届けする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・藤田和也)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

サーフでフラットゲーム

1月3日、新年初釣りに愛知県田原市の浜田海岸へ出かけた。午前3時半にサーフインしたが、周りではアングラーが等間隔で並んでロッドを振っている。午前7時まで周りを見ていたが、皆何事もなく時間が過ぎ去っていた。元旦ではないがきれいな日の出が拝め、何かいいことが起こる気がしていた。

そうしているうちにゴン!とロッドがぶち曲がる。かなりいい引きだ。これはデカイと思い、慎重にランディングする。上がってきたのは、ビーチウォーカーアクシオンスリム85Sにスレ掛かりした49cmのボラだ。

サーフでのフラットゲームで50cm寒ビラメ手中 ただ巻きにヒットボラ(提供:週刊つりニュース中部版APC・藤田和也)

ロングビーチへ移動

残念だったが新年初フィッシュ。続けてバイトが出たが、またまたボラだ。いいファイトだっただけに悔しい。午後2時まで休憩しがてらポイント移動。いつも趣味のサーフィンでよく行っているサーフィンの国際大会も開かれるロングビーチに行ってみると、サーファーが1人もいない。釣り人もポツポツといるだけで少ない。

サーファーがいないとは、こんなチャンスなかなかない。これは狙ってみる価値があると思い、タイドミノ―スプラット140SFレッドベリーをセット。よさそうな潮目が出ているポイントがあり、浜には10cmぐらいのカタクチイワシが数匹上がっていた。

サーフでのフラットゲームで50cm寒ビラメ手中 ただ巻きにヒット釣り場風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・藤田和也)

ただ巻きにヒラメヒット

周りには誰もおらず、ベイトのイワシも確認できて、ここしかないといった感じだ。思い切りフルキャストし、ゆっくりただ巻きしているとドンッとバイトを感じると同時に、ボラとは違う引きが伝わってきた。丁寧にやり取りしてリーリングすると波間に見え隠れするのは、まぎれもない本命ターゲットであるヒラメだ。

波打ち際でヒラメも最後の抵抗を見せ、ドラグがギュンギュン鳴る。ここで逃してはなるものかと、より慎重にやり取りをする。波がくるタイミングで引きずり上げたのは、肉厚な50cmオーバーのヒラメだった。とてもうれしい1匹だ。

サーフでのフラットゲームで50cm寒ビラメ手中 ただ巻きにヒット嬉しい本命をキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・藤田和也)

夕マヅメ狙いで来たアングラー数人にも声をかけていただきほめてもらったが、その視線がなぜか痛く感じる。誰もが狙っているフラットフィッシュが、私にほほえんでくれたことがとてもうれしくありがたい。

寒ビラメは誰にでもチャンスあり!

その後はトリヤマも回ってきたが、何度キャストしてもバイトはなかった。そして午後3時半に終了とした。

次の日に肉厚のヒラメを自分でさばき、刺し身やカルパッチョにして家族にふるまった。家族はおいしいと言い、エンガワは特に喜んで食べてくれた。

サーフでのフラットゲームで50cm寒ビラメ手中 ただ巻きにヒット寒ビラメは絶品(提供:週刊つりニュース中部版APC・藤田和也)

今回はたまたま運よく私がキャッチできたが、誰にでもチャンスがあると思う。今がシーズンの寒ビラメ、肉厚でおいしいですよ~。新年初釣行にしては出来すぎなほど好スタートを切れた。今年はもっともっと釣行を重ねて、大型の座布団級をキャッチできるよう頑張るぞ。

<週刊つりニュース中部版APC・藤田和也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
太平洋ロングビーチ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。