船から狙うマコガレイ釣りシーズン開幕 【道具・エサ・釣り方を解説】

船から狙うマコガレイ釣りシーズン開幕 【道具・エサ・釣り方を解説】

シーズン開幕で釣果が上がり始めた東京湾の船カレイ釣り。ここでは東京湾奥のマコガレイについて基本的な狙い方などを紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船カレイ釣りのタックル

では、東京湾のカレイタックルを紹介しよう。

船から狙うマコガレイ釣りシーズン開幕 【道具・エサ・釣り方を解説】タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

竿

確率を上げるために複数本用意(要船宿確認)して置き竿。オモリ負荷20~25号、2m前後で7対3調子

リール

投げて広範囲を探るなら中小型スピニングリール。船下狙いなら小型両軸

ミチイト

PEラインライン1~1.5号100m以上。サキイトはナイロンまたはフロロカーボンラインカーボンライン4~5号1.5m前後。置き竿に徹する場合は、ミチイトはナイロン3~4号の直結を好む人もいる

仕掛け

エサ取りが多い場合、装飾は逆効果になるためシンプルなものがオススメ

エサ

船宿から支給されるエサは青イソメが一般的。特エサとして岩イソメや赤イソメ、コガネムシなどが有効

船から狙うマコガレイ釣りシーズン開幕 【道具・エサ・釣り方を解説】イソメ(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部)

青イソメのエサ付け

特に重要になるのがエサ付け。

1、頭部からハリを刺す
2、チモト部分までこき上げる
3、タラシを5~8cmに調整
4、チョン掛けのエサを追加していく
5、最後に新たなイソメの頭部に刺して、やはり5~8cmに調整

太い青イソメなら2本、細めなら3~4本を房掛けにしよう。枝バリへの装餌は絡み防止のために短めがいい。最後に付けるエサは必ず頭部の硬い部分に刺そう。

元気で動きのいいエサが付いていてこそ、仕掛けが活きてくる。時折、仕掛けを回収し、エサを新しいものに付け直すことが大切だ。

船から狙うマコガレイ釣りシーズン開幕 【道具・エサ・釣り方を解説】青イソメエサ付け例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

釣り方

置き竿が主流。2本使用なら1本は船下に入れる。潮向きと流れ具合を確認し、2本目はキャストして広範囲を探ろう。

ミチイトは、張らず緩めずの状態で魚に違和感を与えないように。しかし、置きっぱなしはNGで、反対にひん繁な竿上げもダメ。

船から狙うマコガレイ釣りシーズン開幕 【道具・エサ・釣り方を解説】釣り方解説図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

1、10分ほど待つ
2、ゆっくり竿を立てて、アタリを聞く
3、反応がなければ、聞き上げたぶんだけミチイトを巻き取る
4、竿先を上下に動かし、オモリで海底を小突いてまた置く

少しずつ誘いながら探り寄せよう。

次のページで東京湾のカレイ釣況を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。