ティップランエギングで500g超アオリ 合間のシロアマダイ狙いも的中

ティップランエギングで500g超アオリ 合間のシロアマダイ狙いも的中

ティップランでのアオリイカ狙いをメインに、フィッシング光栄のレンタルボートで釣行した。本命アオリイカはもちろん、シロアマダイもキャッチした釣行をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

フィッシング光栄でティップラン

秋のシーズンといえばやはりティップランでのアオリイカ。ということで10月9日にフィッシング光栄に釣行した。

今シーズンはシロアマダイが絶好調の、三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄。過去の釣行ではシロアマダイも絶好調。幻のシロアマダイが、もはや幻ではなくなった感がある。

ティップランエギングで500g超アオリ 合間のシロアマダイ狙いも的中タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

最近はアオリイカの釣果も上昇中ということで、今回はアオリイカを中心での釣行となった。同行の榊原さんと現地で集合し、午前6時に三浦漁港を出港した。

ティップランエギングで500g超アオリ 合間のシロアマダイ狙いも的中繊細なアタリを捉える(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

最近の状況は、朝の時間帯を中心にアオリイカの反応が良いとのこと。この日は朝一にアオリイカ、タイミングを見てシロアマダイを狙う作戦だ。風があることを期待しながら沖に出たが、ほぼ無風で思うように船が流れない。

500g超えアオリイカ登場

アオリイカの実績が高い鈴島周辺のポイントから狙っていくが、船が流れずアオリイカからの反応はない。午後から風が出る予報であることも踏まえて、早々にシロアマダイ狙いに変更した。

ポイントへ向かう途中に周囲を見ていると、風が当たっている場所を発見。急きょ舵を切り、風が当たっている水深15mのポイントへ船を入れ、再度ティップランだ。

すると2投目で明確なアタリがあり、アオリイカがヒット。あっさり上がってきたアオリイカは秋サイズだが、幸先よくゲットできた。

ティップランエギングで500g超アオリ 合間のシロアマダイ狙いも的中アオリイカキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

すぐに榊原さんにもヒット。サオが大きく曲がり、サイズが良さそうだ。慎重なやり取りでネットに収まったのは、この時期にしてはまずまずの500gオーバーだった。

良型シロアマダイWヒット

ここで潮止まりを迎えたので、移動してテンビンフカセとタイラバでシロアマダイを狙う。しかし、この日はシロアマダイのご機嫌が悪くなかなか反応がない……。

パターンがつかめないので、沖の深場から浅場へ流していく作戦に変更すると、40m付近でようやく明確なアタリ。重量感のある引きがあり、ラインが何度も引き出される。

ティップランエギングで500g超アオリ 合間のシロアマダイ狙いも的中ナイスサイズのシロアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

ほぼ同時に榊原さんにも良型がヒット。こちらもロッドが大きく曲がっている。まずは先行して私の魚が上がってきた。予想通り良型のシロアマダイだ。

ティップランエギングで500g超アオリ 合間のシロアマダイ狙いも的中こちらもシロアマダイゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

しばらくして榊原さんの魚も上がってきた。これは私のシロアマダイより大きい。良型のシロアマダイのダブルヒットとなり、一気にテンションが上がった。しかし連続ヒットとはいかず、ここで反応がなくなってしまった。

次のページで当日の最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。