「三陸マダラジギング」で中深海ルアー釣り入門 早春シーズンの狙い方

「三陸マダラジギング」で中深海ルアー釣り入門 早春シーズンの狙い方

早春の三陸マダラジギングはポイントまで近く、手軽に楽しめ釣果も有望の初心者にお勧めのターゲットです。今回はこの時期のマダラジギングを解説したいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

早春のマダラジギング

産卵後のマダラは100m以浅のエリアに留まり、産卵後の体力を回復するために手当たり次第に飽食します。ジグへの反応もよく、釣れすぎて困るほどですので、ジギング入門には最適の釣りものです。

また、三陸エリアはポイントまでの所要時間も短く、お手軽に釣りを楽しむことが可能となっていますし、マダラは産卵後だからといって、食べて不味いわけではありません。蛋白な白身はフライや昆布締めなどおいしくいただけます。

「三陸マダラジギング」で中深海ルアー釣り入門 早春シーズンの狙い方マダラのフライ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

浅いエリアでのマダラジギングは、ファイトもダイレクトで最後まで力強く抵抗しますので、釣りとしても楽しいものです。今回は早春の釣りモノとして人気のシャローエリアのマダラジギングを解説したいと思います。

「三陸マダラジギング」で中深海ルアー釣り入門 早春シーズンの狙い方肝ポン酢も美味(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

春シーズンの狙い方

産卵後のマダラジギングのエリアは、50~100m程度の水深を狙います。沿岸の海底の地形変化、パンプ状のカケアガリ、根周り、養殖施設周りなどに群れが付きますので、そこを狙っていきます。

深場の釣りと違って、投入タイミングなど、各自のタイミングで釣りが可能、浅場なので手返しもよく釣り自体も難しくはありません。

ジグを投入し、着底後、ボトムを切り10mほどシャクリ上げて誘っていきます。バイトがない場合はもう一度ボトムまでジグを落として、繰り返し探りながら釣ります。

マダラの動きがスローな場面ではフォールを主体に釣るのが基本ですが、体力を回復したマダラはボトムから離れてジグをよく追うようになりますので、速い動きで誘うことも効果的な場面もあります。

「三陸マダラジギング」で中深海ルアー釣り入門 早春シーズンの狙い方ヒットしたマダラ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

ライトタックルでの楽しみ方

JGFAマダラ記録など、ラインクラス別の記録魚を狙うには春のシーズンは最適のシーズンとなります。ライトラインでのマダラジギングには有利な浅場での釣りが可能なため、記録を狙うには好都合なのです。

もちろん記録にこだわらなくても楽しめるのが春マダラジギングですが、イージーに釣れるシーズンですので、何か目標を持って取り組んでも楽しいと思います。人気のSLJタックルなどで狙ってみるのも超楽しい釣りとなりますので、試してみてはいかがでしょう。

「三陸マダラジギング」で中深海ルアー釣り入門 早春シーズンの狙い方細イトで狙うならスピニングタックルがオススメ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。