『シャクリマダイ』釣り入門解説 伝統釣法だけど気軽にチャレンジ可能

『シャクリマダイ』釣り入門解説 伝統釣法だけど気軽にチャレンジ可能

内房上総湊のシャクリマダイは気軽に始められるシンプルでエキサイティングな釣りだ。ここでは基本中の基本を紹介する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:彦次郎丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

シンプルでエキサイティング

「伝統釣法」「リールを使わない」「メートル単位ではなくヒロ」など、ハードルが高く感じる言葉が並びがちだが、実は気軽な釣りだ。

『シャクリマダイ』釣り入門解説 伝統釣法だけど気軽にチャレンジ可能4.8kg良型ゲット(提供:加平丸)

1ヒロとは?

タナ指示はヒロ単位(1ヒロ=1.5mまたは1.6m。船宿により異なるので要確認)。難しく感じるが、貸し竿のミチイトには1ヒロ、10ヒロごとにマーカーが付いているので、それを参考にすればいい。3回巻けば1ヒロになるように作られているイト巻きが多い。

タックル

「手バネ」と呼ばれるイト巻きが付いた極先調子1.5m前後の竿を使用。リールは使わずイトは自ら手繰るシンプルな道具立てだ。

『シャクリマダイ』釣り入門解説 伝統釣法だけど気軽にチャレンジ可能大物とのやり取りは左上の尻手テープを使う(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

投入

イト巻きからミチイトを少し出して、足や船縁にからまないよう足元のオケに入れていく。オケがなければ、海水で床をぬらしておくとからみ防止になる。

『シャクリマダイ』釣り入門解説 伝統釣法だけど気軽にチャレンジ可能エサの付け方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

利き手にテンヤを持ち、もう一方で中オモリを持つ。「テンヤ→中オモリ」の順に、絡まないように離して投入

タナ取り&シャクリ

船長から「〇ヒロ」とタナが指示されたら、ミチイトの目印を参考にそのタナまでイトを送る。例えば「32ヒロ」なら、10ヒロの目印3個が見えたところから1ヒロの目印2つぶん送ればいい。

『シャクリマダイ』釣り入門解説 伝統釣法だけど気軽にチャレンジ可能3.8kgマダイ手中(提供:加平丸)

エサが指示ダナに届いたら竿先を海面まで下げ、次は頭上まで勢いよくシャクり上げる。エビが跳ね上がるのを演出するイメージだ。上げたら竿先をすぐに下ろし、エビとテンヤの重みだけで自然にエサを落下させよう。シャクリの間隔は5~15秒に1回が目安。

アワセ

素早く、力強くアワせることが肝心。硬い口に食い込むように一手、二手と力強くイトをたぐる。落ち着いて行えるように、事前に練習しておくといいだろう。引きの強さで型を判断、たぐる速さや強さを調整する。

『シャクリマダイ』釣り入門解説 伝統釣法だけど気軽にチャレンジ可能タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

一気に走った場合は素早くイトを送り出す必要はあるが、竿がのされたり、ミチイトを送る余裕がないような良型の場合は尻手ロープを使う。ロープを竿尻に掛けて、竿を海中に入れてしまい、以後は尻手ロープでやりとりする。

真剣勝負に挑もう

シンプルな仕掛けでのやりとりはまさに一対一の真剣勝負。リールを使った釣りではなかなか体験できない面白さがあるので、病みつきになる人は少なくない。

一方で、各船宿ではひとつテンヤや鯛ラバといった釣法も受け付けている。同船可能なケースは多いので予約時に確認しよう。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年11月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。