ボートロックゲームで『ホウキハタ』の強引を堪能 ベイトの有無が鍵

ボートロックゲームで『ホウキハタ』の強引を堪能 ベイトの有無が鍵

西伊豆エリアにてボートロックゲームに出かけた。前回逃した大物根魚の正体を暴くべく釣行へ。初めましてのホウキハタも手中にできた模様をお届け。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

大物根魚リベンジ

伊豆で釣れるロックフィッシュはカサゴやアカハタ、オオモンハタ、マハタ、ホウキハタ、クエなど多彩な根魚が存在する。まさに根魚の宝庫と言える。成長に時間のかかる魚種でもあることから小型はリリースし大きめの個体をキープし資源保護も考えて行きたいところだ。

ボートロックゲームで『ホウキハタ』の強引を堪能 ベイトの有無が鍵ボートで出船(提供:TSURINEWSライター野中功二)

前回の釣行で釣り上げれなかった魚の正体を知りたく出船。アカハタ釣行時大型の根魚に遭遇した。竿はびくともしない根掛かりかと錯覚。竿を立てたところゴゴゴ!と持っていかれフックアウトだった。

今回、タックルは大物使用に変更、ワームも6inch、ジグヘッドも大きく150~200も準備。伊豆でこの水深で釣れる魚といったら……多数いすぎて皆目検討もつかない。

ボートロックゲームで『ホウキハタ』の強引を堪能 ベイトの有無が鍵使用したワーム(提供:TSURINEWSライター野中功二)

タックルはSlowEmotionB603にオシアジガー1501番にPEライン2号に8号のリーダー、SCRAMBLE B692-Tにカルカッタコンクエスト201HGにDUELX8プロ0.8に4号リーダー各機種300m巻きを準備した。

当日の状況

晴天、風は北東、釣行時風も穏やか陸からは潮色も良い港湾各場所では釣り糸を垂らす人が多くのどかだ。秋晴れの湾内のカカリ釣りも盛況だ。メンバー所有のローボート「寿司丸」で出船。

ボートロックゲームで『ホウキハタ』の強引を堪能 ベイトの有無が鍵いざ実釣へ(提供:TSURINEWSライター野中功二)

10時に現場に到着。道路から見た海の状況は穏やかで、松崎沖には多数のカヌーや漁船が往来している。早速出船の準備に取り掛かる。早々に船に魚探装着、スマートフォンの海釣図Vを起動し燃料確認し出船。

1投目からアカハタ登場

適当な30m付近をインチク80gで探る。底を取りいつものリフト&フォールですぐにアタリが、ググン!と穂先が入ったところでワンテンポしてからアワセ。ゆっくり巻きで浮かせて1投目でアカハタゲット。

ボートロックゲームで『ホウキハタ』の強引を堪能 ベイトの有無が鍵早速小型のアカハタがヒット(提供:TSURINEWSライター野中功二)

前回、良型が出た水深でのサイズが小型、今日は厳しいかもと思った。本日のお供の弟はワームで探るがアタリがない。釣れるのは小型ばかりで水深を浅くしても釣れない。

大物ポイントへ到着

さて次に前回大物らしい魚を逃がしたポイントに到着、少し浅い場所からスタートしてみる。水深は約15m、潮の流れを確認したいのでインチク100gをチョイス。風があまりなく適度に流れていく。縦の釣りがしやすい流れだ。

水深10~45mを起伏のある根づたいに流れ、いい感じだ。やはり顔を出すのは10~20mは小型のアカハタであった。食べてはおいしい魚だが今回はリリース。

ボートロックゲームで『ホウキハタ』の強引を堪能 ベイトの有無が鍵再びアカハタがヒット(提供:TSURINEWSライター野中功二)

2流し目15m過ぎでベイトが映る、25m、30mと起伏のあるポイントに差し掛かる。起伏もありリフト&フォールでの底取りも難しい。

次のページでホウキハタ&大物がヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。