『オジサン』を寝かして食べると美味しい&精がつく? 下処理とさばき方

『オジサン』を寝かして食べると美味しい&精がつく? 下処理とさばき方

釣りのゲスト魚としてもメジャーな「オジサン」という魚。響きがちょっと・・と、敬遠される方もいるかもしれませんが、今回は同魚のおいしい食べ方を紹介。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。〝鼻が利く〟ことで親しまれ、「釣食」がモットー。

×閉じる

その他 レシピ

「オジサン」

磯釣りの他魚としてよく見かけるオジサン(ヒメジ科魚類)。下アゴに生えた2本の長いヒゲが特徴で、ウロコが大きくてあまり歓迎されません。しかし意外においしく、南九州ではベンゴイ(紅ゴイ)、海ゴイなどと呼ばれ、喜ぶ人も多いようです。今回は「オジサンの概念がかわる」超絶品な調理法を紹介します。

ウロコは素手で剥す

釣り場でハリ掛かりしたオジサンは、すぐに魚絞めやナイフを使って締めます。魚がおとなしくなったところで、ウロコを剥いでいきます。ウロコ取りがなくても簡単に手の指でウロコを剥すことができ、とても簡単に取れることを覚えておきましょう。

『オジサン』を寝かして食べると美味しい&精がつく? 下処理とさばき方手の指で簡単にウロコが剥げる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

現地で下処理

次はエラとわたを取ります。オジサンは底近くでカニなどの甲殻類を主食にするためか、わたに少し臭みがあります。そのため、現地で処理するのが理想です。しかし、時間がない場合は持ち帰った後でもOK。さほど臭いは気になりません。

オジサンを寝かす

下処理をしたオジサンはキッチンペーパーに包んでラップをし、冷蔵室内のチルドで保存します。これを1~2日寝かせることで、うまみが増します。どの魚にも言えることですが、オジサンの場合は特にその傾向が強いようです。

『オジサン』を寝かして食べると美味しい&精がつく? 下処理とさばき方下処理後ラップで包んで寝かせる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

3枚におろして柵取り

寝かせたオジサンをラップから外し、3枚におろします。この際の注意点は皮を剥ぐ時です。皮はとても軟らかく、千切れやすいため、包丁をしっかり寝かせて剥ぐといいでしょう。あとは腹骨と中骨を取って〝柵取り〟にし、再びチルドに。その際もキッチンペーパーで包み、ラップをかけておきます。食べる直前までよく冷やしておくことが大事です。

『オジサン』を寝かして食べると美味しい&精がつく? 下処理とさばき方包丁を寝かせて皮を剥ぐ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

生食だと臭わない

いよいよ実食です。柵取りにしたオジサンは食感を出すためにも、1cm近い幅で斜め切りにします。これを皿に盛り付ければ刺し身の完成です。ワサビじょう油やゆずゴショ―で食べると、コリコリとした歯ごたえのあとに、うまみ(脂)が口いっぱいに広がります。

ちなみに煮付けや塩焼きは不向きです。その理由は脂が特徴的で、加熱することによって磯臭さが出るからです。従って、「オジサンは生食に限る」と言っても過言ではありません。

お寿司がおすすめ

そのほか、お寿しもおすすめです。この場合は柵取りしたオジサンを5~6mm幅で、やや広めに切るといいでしょう。参考までに最近流行りの〝炙り〟は少し火が通るため、臭いに敏感な人にはあまりおすすめできません。ここはやはり、生食にこだわってみましょう。お好みでシャリ(米)と魚の間に青ジソの挟んでもGOODです。

『オジサン』を寝かして食べると美味しい&精がつく? 下処理とさばき方お寿司がおすすめ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

栄養価に即効性

また、オジサンはウナギやウツボなどと一緒で、精がつく魚としても知られています。食べた翌日は釣りの疲れも取れ、まさに元気100倍。ただし、〝過ぎたるは猶及ばざるが如し〟食べすぎには注意しましょう。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。