【福岡】オフショアルアーの最新釣果 ナブラ撃ちでマグロ混りカツオ多数

【福岡】オフショアルアーの最新釣果 ナブラ撃ちでマグロ混りカツオ多数

福岡県からオフショアルアーの最新釣果情報が入った。ナブラ撃ちでカツオ多数キャッチ。ほか4kgヒラマサや良型マダイなど好調。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:優)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

EBISUYA

9月26日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、響灘にタイラバとジギングで出船。写真の入江さんは同船に乗船し、ジギングで見事マダイ5kg級をキャッチ。これを筆頭に船中ヒラマサや根魚など良型も交え好土産となった。

【福岡】オフショアルアーの最新釣果 ナブラ撃ちでマグロ混りカツオ多数マダイ5kg級キャッチ(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA
出船場所:大里港

Elephant

9月25日、北九州市・小倉港のElephantがタイラバ・SLJで響灘に出船すると、この日は掛かりが浅いながらもマダイは65cm頭に45尾と数釣れており、大型バラシもあった模様。秋の好シーズン中とあって、今後の展開も期待大。釣果詳細は同船ホームページおよびFacebookで確認を。

【福岡】オフショアルアーの最新釣果 ナブラ撃ちでマグロ混りカツオ多数マダイ65cm手中(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

日吉丸

9月23日、福岡市中央区港かもめ広場前から日吉丸が玄界灘のジギング、キャスティングゲームに出船。ヒラマサの4kgクラスやワラサ3kg、カンパチ交えて青物が船中19尾。ハガツオやシイラ、ヒラメ、アコウなどゲストも魚種多彩に交じった。

【福岡】オフショアルアーの最新釣果 ナブラ撃ちでマグロ混りカツオ多数青物が19尾上がった(提供:日吉丸)
▼この釣り船について
日吉丸
出船場所:中央区港

松丸

9月24日、福岡市中央区伊崎港から松丸が玄界灘のタイラバに出船。沖は風が強く予定していた場所まで行けなかったがマダイが1.5kg、アコウが1kg前後、ゲストに青物もキャッチ。タイラバ・SLJに落とし込み釣りも出船。

【福岡】オフショアルアーの最新釣果 ナブラ撃ちでマグロ混りカツオ多数アコウ1kg浮上(提供:松丸)
▼この釣り船について
松丸
出船場所:伊崎漁港

9月11日、福岡市中央区港かもめ広場前からが玄界灘のカツオ狙いキャスティングゲームに出船。鳥山を探し激しいナブラを発見。ナブラを追いかけながら釣り、女性アングラーも初めてのカツオをキャッチ。コシナガマグロも交じりながら全員がカツオをキャッチして、1人で3尾釣る人もいる。

【福岡】オフショアルアーの最新釣果 ナブラ撃ちでマグロ混りカツオ多数カツオキャッチ(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。