漁港でのフカセ釣りで小型クロダイ 好ゲストにヘダイが連続ヒット

漁港でのフカセ釣りで小型クロダイ 好ゲストにヘダイが連続ヒット

フカセ釣りでクロダイを狙って南房へ釣行した。乙浜港ではカイズ1尾に終わったが、移動した相浜港ではカイズにヘダイの連発が楽しめたので、その模様をお届けする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

乙浜港クロダイフカセ釣り

9月4日(土)、クロダイを狙って南房・乙浜港へ。6時ごろ到着して仮眠。9時に目が覚めて、ゆっくりと準備する。港内は釣りを楽しむグループが多い。

空いているスペースに入る。北風が少し吹いているが、濁りもあってクロダイ狙いにはよさそうな雰囲気。

漁港でのフカセ釣りで小型クロダイ 好ゲストにヘダイが連続ヒット港内の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

エサとタックル

用意したコマセは、オキアミ3kgにチヌパワームギスペシャル1袋とオカラだんご1袋。エサはオキアミと練りエサを使う。立ちウキ仕掛けで慎重に水深を測り、タナは海底スレスレの5mで始める。

早々にエサが取られ、エサ取りの正体は3cmほどの小メジナ。多数コマセに群がっているのが見える。オキアミでは歯が立たないので、練りエサに変更。

クロダイが寄ってくることを信じて、のんびりアタリを待つ。

漁港でのフカセ釣りで小型クロダイ 好ゲストにヘダイが連続ヒットタックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

1尾目はカイズ

トップを抑え気味にして、海面に漂うウキを見ていると、スポンと入ったのでアワせると軽い手応え。上がってきたのは25cmのカイズ。

ハリは飲み込まれていないので、丁寧に外してリリース。上げ潮になっても潮の動きが悪く、海面にはゴミが浮いたまま動かない。

漁港でのフカセ釣りで小型クロダイ 好ゲストにヘダイが連続ヒットカイズがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

次のページで相浜港での模様をお届け

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。