船ルアーマゴチ釣行:少ないチャンスをモノにする!【茨城県・幸栄丸】

海が落ち着いた6月24日(日)、鹿島沖のマゴチを狙って今年2回目のチャレンジ。幸栄丸へ乗船し、ワームとジグヘッドのルアー仕掛けで狙ってきた。さて今回の釣果はいかに?

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の海況

同沖は、水深10m以浅のシャローフラットエリアでの釣りになるので、海が荒れると濁りと底荒れで途端に食い渋りに陥るのが特徴。

さらに外海の沿岸がポイントとなるので、海が荒れやすく本当に好条件でマゴチ釣りができるのは、シーズン中に何日もない。

この日もギリギリまで釣行を悩んだが、久々のナギ予報で車を走らせた。
いつも世話になるのは幸栄丸

相変わらず港の朝は多くのアングラーで活気とにぎわいを感じる。

港に到着し、沖を眺めると予報通りのベタナギ。

スタッフも「久しぶりに静かな海だね」と話していて、釣りにはまったく問題なさそう。

ただ、潮の濁りがどう影響するか…。

当日のタックル

今回のタックル図。

30分ほど北へ走ったところでエンジンスロー。

まず、使用頻度の高い『エコギア/スイミングテンヤ』30gに『エコギア/パワーシャッド』5インチ。

カラーは実績の高いアカキンをチョイス。

それをスイミングで少し浮かせたレンジをアプローチするが無反応。

次ページでチャンスタイム到来!