のんびりボート釣行:泳がせでマゴチ!【神奈川県葉山・一色ボート】

6月はボートで狙うシロギスの最盛期。そこで、6月25日(月)相模湾葉山にある一色ボートから釣行。シロギス狙いだが多種多様の魚だ釣れるので臨機応変に釣り方を変えれるのも魅力だ。さて今回の釣果は?

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

のんびりと出船

8時ちょうどに漕ぎ出す。

当日の潮は中潮。9時16分が干潮で、16時10分が満潮。15時帰着なので、上げ潮のいい時間帯に勝負をかけることができる。

1人ボートはのんびり釣れるのが魅力。

タックルは、狭いボートのなかで扱いやすい短かめの振り出しパックロッド3本に、マゴチ狙い用のワンピース。

エサは青イソメを用意。

最初のポイントで掛かったのは、ベラの3点掛け。完全に根周りだったらしく、すかさず移動。

砂地帯まで数分漕いで仕掛けを再投入する。一般的な片天ビンのシロギス仕掛け。オモリは12~15号を使用。潮流は緩く、北風の微風だったので、アンカーを入れずに流し釣りを楽しんだ。

北風微風のほぼベタ凪。

しかし、本命からのアタリは1時間まったくない。2本目の竿に仕掛けを付け、チョイ投げでアタリを探るがダメ。最悪なのは活性の高いクサフグがハリごと仕掛けを切っていくこと。これは腹立たしい。群れで行動する魚なので、再び移動。

アンカーを入れていないので、すぐに漕ぎ出すことができるのは助かる。

次ページでいよいよ実釣スタート!