クロダイ落とし込み釣り攻略:キホンのすべて【イラスト付き徹底解説】

夏の大阪湾を代表する釣りといえば、なんといってもチヌの落とし込み釣りだろう。今年も各地の波止にはイガイがビッシリと付き、釣果も日に日に上向いてきている。今回はチヌ(クロダイ)この落とし込み釣りの基本を、名手・大田徹さんに解説してもらった。夏のチヌは元気いっぱい!ぜひ本稿を参考に、強烈なチヌの引きを楽しんでほしい!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

チヌ(クロダイ)落とし込み釣りとは?

大阪湾は昔から茅渟(チヌ)の海と呼ばれるほどチヌの魚影が濃い。そしてチヌを釣るための様々な釣法が確立されている。その中でもタックル、仕掛け、エサが最もシンプルな釣法が、落とし込み釣りだ。

型の良いクロダイ。

チヌは堤防に付着するイガイを主食とし、その他にイガイの層に潜んでいるカニやエビ、ゴカイ類を捕食している。イガイの付着していない時期は、フジツボやカキなどを捕食している。

初夏の時期は堤防にはイガイがビッシリと付着していて、その層にチヌが浮いてきて捕食している姿が見られることがある。その捕食行動を最大限に生かした釣法が、落とし込み釣りである。

次ページでタックルとエサから解説スタート!