岸壁からのキス投げ釣りで本命8尾 誘いの後の「止め」がポイント?

岸壁からのキス投げ釣りで本命8尾 誘いの後の「止め」がポイント?

静岡県熱海港の岸壁にキス狙いで釣行。夜釣りは不発に終わったが、夜明けからアタリが出始め本命8尾をキャッチしたので、その模様をリポートしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

熱海港で投げキス釣り

8月11日(水)、静岡県熱海港の岸壁にキス狙いで釣行した。お盆休みで混雑が予想されたので、現地には3時半ごろ到着。ヘッドランプの明かりが見え、数人が夜釣りを楽しんでいた。

岸壁からのキス投げ釣りで本命8尾 誘いの後の「止め」がポイント?タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

岸壁中央から、やや左寄りに釣り座を構える。タックルは並継ぎ竿に専用リール、ミチイトPEライン0.8号、自作の湘南天ビンにオモリ27号をセット。3本バリで開始。エサはジャリメと青イソメを用意。

夜釣りはウミケムシばかり

4時前、まだ暗い海に向かって第1投を5色に投入。竿先がよく見えないので、20分ほど置き竿にしてから巻き上げる。すると、オモリに加えて重さがあり、さらにブルブルという引きが感じられる。

岸壁からのキス投げ釣りで本命8尾 誘いの後の「止め」がポイント?ポイント略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

何かが掛かっているのは間違いないが、暗いので周囲に注意しながら抜き上げ。ライトで照らしてみると、正体は、ウミケムシ2匹とネンブツダイ。ちょっとがっかりしたが、気を取り直して2投目を同距離に投入、今度は、ゆっくり引いてみる。

1色ぶん探ってから巻き上げるとネンブツダイ1尾。置き竿では、ウミケムシの入れ食いとなったので、明るくなるまで竿を出さずに待機。夜釣りは、期待外れに終わってしまった。

夜明けと共に本命キス登場

5時前になって、ライトがいらなくなったタイミングで投入を再開。すると、5色でシロギスが釣れてきた。魚がいることが分かったので、次投から本気の釣りをしてみる。

6色からスローにサビいてくると、5色付近でブルルルーと、大きなアタリが連発。本命が釣れてくる。しかも、18cm前後と型が揃っているので、アタリが楽しい。ただ、置き竿はダメで、仕掛けをサビき、食いを誘うために止めたところで、アタるパターンがほとんどだった。

岸壁からのキス投げ釣りで本命8尾 誘いの後の「止め」がポイント?本命を手にした(提供:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

巻き上げ途中の仕掛けが何かに食われて、ハリスが切れることが多発。同じタイミングで、両隣のルアーマンがカマスを釣り上げていたので、おそらくこの魚が食いついたのだろう。

順調にアタリが続いていたが、6時を回るとゲストを含めて反応がピタッと止まってしまった。30分ほど粘ったが、雨が降ってきたので、後ろ髪を引かれる思いで納竿。

次のページで当日の最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。