『かからし釣り』で良型アコウにハマチなど五目釣り堪能【兵庫・淡路島】

『かからし釣り』で良型アコウにハマチなど五目釣り堪能【兵庫・淡路島】

淡路島の海幸丸を利用し、鳴門海峡周辺へ「かからし釣り」に行ってきた。アコウにハマチほか、多彩な魚種との駆け引きが楽しめた当日の釣りをリポートする。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

二杉あゆみ

日帰りで気軽に行ける、姫路〜明石、鳴門エリアをこよなく愛する釣り好きアラフォーです。オフショアがメインですが、最近はオカッパリも少し頑張ってます。決して上手くはなくむしろ他者も認める鈍臭さですが(笑)、ハマるとトコトン研究したくなる性格です。男女問わず、気が合う仲間とワイワイ釣りに行くのが大好きです。

×閉じる

船釣り エサ釣り テンプレート

海幸丸でかからし釣り

7月19日、南あわじ市・伊毘漁港の海幸丸に乗り、午前6時出船。当日の釣りは、年間通して1番人気で予約が取りにくい『かからし釣り』。落とし込み、食わせサビキとも呼ばれる釣法だ。

この釣りは、カラバリもしくはサバ皮付の平打ちバリの仕掛けを使い、まずはエサとなるイワシなどの小魚を掛けて、そのまま底に落とし込んで大物が食いつくのを待つ、という釣り方だ。

タックルは、私はジギングのベイトタックルで代用。仕掛けはハリス7~10号のものを使用。オモリは40号。

『かからし釣り』で良型アコウにハマチなど五目釣り堪能【兵庫・淡路島】鳴門海峡(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

早々に反応あるもスカ

お客さんは私以外に二人の年配の常連さん。朝イチすぐにカタクチイワシと小サバが掛かる。そのままそーっと底まで落とし込む。まずはアコウ、ヒラメなどの高級魚狙いなので、根が粗く度々引っ掛かりそうになるポイントを流す。

早速、ハリに掛かった小魚が激しく暴れるのが手元に伝わる。しかし引っ掛かりそうにもなるし、ヒラメは即アワセ厳禁だし判断に困るが、とりあえず食い込むのを待った。そろそろのところでアワセを入れるもスカ!回収して仕掛けとイワシを見ると、明らかにヒラメが食ったっぽい傷が沢山で瀕死状態。しまったー逃した……と残念がっていたが、気を取り直して再度上のタナで小魚を掛けて落とし込む。

しっかり送り込んでアコウ

ほどなくアタリが出だしたが、しばらく我慢。今度は根掛り覚悟で少し送り込んでみてからの、アワセ!しっかりロッドに重みが伝わりフッキングできた様子。しかし根に潜り込む!なんとか浮かせてラインを回収、水面に現れたのは本命とも言える良型のアコウ!開始早々嬉しい魚だ。船長は慌ててタモを持ってすくってくれた。オモリは切れてしまったがいいお土産ゲットだ♪

粗いポイントほどアコウやヒラメなどのおいしい魚がいるものだ。ハマチ大が常連さん達にポツポツヒット。60cm前後なのでよく引いていて楽しそう。マダイも姿を現した。

『かからし釣り』で良型アコウにハマチなど五目釣り堪能【兵庫・淡路島】しっかり送り込んでアコウ(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

ジギングでサゴシも登場

とにかくどこに移動してもヒットするのはハマチ大ばかり。少し飽きてきたところで、ライトなジグをシャクって遊んでいると中層辺りでカツン!と何やらヒット。全然引かないので何だろうと回収すると、サゴシだった。タイラバ、ジグは全くその後アタリがないので、大人しく食わせサビキ一本で粘ることに。良型マアジ、ガシラなども掛かり五目釣りは達成だ。

『かからし釣り』で良型アコウにハマチなど五目釣り堪能【兵庫・淡路島】ジグにヒットしたサワラ(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

お客さんの1人は60~70cmの大型マダイを連続で釣り上げる。私ともう一人の方はとにかくハマチ大に翻弄される。暑さもピークでイケスも満タンになってきて、粘っても今日はハマチしか釣れないからということで納竿。

次のページで今後の展望を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。