リバーシーバスゲームで60cm ベイトフィッシュの有無がキモ【愛知】

リバーシーバスゲームで60cm ベイトフィッシュの有無がキモ【愛知】

愛知県清須市の新川でリバーシーバスゲーム。ライズを目安にルアーをドリフトさせ、60cmの良型シーバスをキャッチした釣行をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

新川でルアーシーバス

7月26日、愛知県清須市の新川でリバーシーバスを狙った。現地着は午後8時半すぎ。この日は満潮が午後8時15分で下げ始めのベストなタイミングでエントリーができたので、期待に胸が膨らんだ。

ルアーは熟成アクア活メバルミノー1.6inchのパールシラス夜光カラーにデルタマジックSV‐51の2.5gの組み合わせだ。小型のルアーを使う理由は、ベイトがハクやイナッコなどのため。狙うサイズも良型だけに、魚のパワーに負けてフックが折れたり伸ばされたりしないものを使うことが大事だ。

まずは県道126号の上流の水門周辺からスタート。水門付近の明暗部に対してダウンストリームにキャストして探っていく。スローのタダ巻きで探っていくと、数投目でヒット。最初は抵抗したが、すんなり上がってきたのは30cmクラスのセイゴだった。

ベイト頼りにサイズアップ狙う

次に県道の橋脚周りを狙うが反応はなく、別の水門付近も狙っても結果は同じだった。次に下流の桃山橋周辺に入る。

ここでは水面にハクの群れを発見したが、ノーヒット。今年の新川は例年よりハクが少ないように思う。シーズンが遅れていて、これから上って来るかもしれないが……。シーバスを探す上でキーポイントなるだけに、今後の見通しは不透明となっている。

そこで五条川へ移動したが、こちらも反応はなかった。悩んだ末、ベイトフィッシュを確認できた桃山橋周辺にもう一度入り直した。探っていると、中央の橋脚付近で一度だけライズが出た。

60cm良型シーバス手中

橋脚より奥の上流へキャストして、川の流れに少しルアーをドリフトさせると、ちょうどライズが出た付近に入った。ラインのイトフケを取る程度にリールを巻いてくると、手元にも重みが乗った。アワセを入れると、一気に下流へと走る。

橋脚から離れたのでまずはひと安心だが、次は水面でジャンプを繰り返す。ロッドを下に向けるが、魚のパワーが上回り暴れまくる。少しずつ距離を縮めてランディングに入ろうとすると、最後に足元でジャンプを繰り返す。

リバーシーバスゲームで60cm ベイトフィッシュの有無がキモ【愛知】60cmの良型に思わずガッツポーズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

ネットに収まった瞬間にガッツポーズ。キャッチしたのは60cmのシーバスだった。この後は反応がなく、午後11時すぎに釣り場を後にした。

<週刊つりニュース中部版APC・戸田英明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
新川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年8月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。