エビラバ攻略!ハイブリッド釣法で多彩な魚種を楽しもう【解説】

ここ数年、関西でも人気上昇中の釣りがタイラバ。独特の擬似餌バリ仕掛けで、本来はマダイを狙う釣りだが、エサと併用することでマダイのみならず、根魚などが頻繁にアタってくる。いわゆる「エサラバ」とか「エビラバ」と呼ばれる釣りだが、エサが付いている分、アタリも数多く、入門者に取ってはタイラバのアタリを体験するのにピッタリなのだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

概要

近年、関西方面でも人気上昇中の釣りがタイラバ。

独特のシンカー(ヘッド)にラバー製のネクタイ、スカート、そしてフリーの素バリが2本程度付いた仕掛けが定番だ。

これを海底から一定のペースで巻き上げては落とすのを繰り返すうち、マダイがヘッドやネクタイ、スカートに反応して食いにくる。

仕掛けはシンプルでライン直結のため、非常にアタリも大きく明確で、慣れていても突然やってくる引き込みにはビックリさせられることも多い。

フリーのハリが口に掛かっているかどうかの判断が難しく、ドラグはかなり緩めで、少し魚が引けばズルズルッとスプールが逆転するくらいのやり取りが定番。

最近ではアタリがあって魚が反転した引きを見せたときにアワせてフッキングさせる人も多くなってきたが、サオでためて豪快にやり取り……というよりは、ドラグでのやり取りがメーンだ。

突き詰めると非常に奥が深い釣りだが、基本となるのは落としては巻き上げの繰り返しなので、全くの初心者でも基本を習得しやすく、魚のダイレクトな引きを楽しめるのも、人気の要因だろう。

さて、そんなタイラバだが、やはり疑似餌に反応させる釣りだけにターゲットとなるマダイなどの活性やそのときに食べているベイトの状況によっては、魚探にビッシリと映っていても全くタイラバには反応しないことも多い。

それでは楽しくない……ということで、最近ちょくちょく耳にするようになってきたのが、タイラバのハリにエサを付けた「エサラバ」、特に海エビを使用することが多いので「エビラバ」という釣り方だ。

本物のエサを使用する点で、「食って当然」と、タイラバ専門のアングラーには敬遠されることもあるが、入門者や初心者の中にはアタリが多い方が楽しい人も多いはず。
なんせ、あのダイレクトなアタリを体感するのには違いないのだから。

深場でのターゲットはホウキハタやマハタのほかオニカサゴなどの高級魚が。

というわけで、今回はエビラバについて紹介していこう。

次ページでエビラバのタックルを解説!