『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもう

『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもう

近年、人気上昇中の「タイラバ」。独特の擬似餌「タイラバ」でマダイを狙う釣りだが、タイラバにエサを付けることでマダイのみならず、根魚なども頻繁にアタってくる。いわゆる「エサラバ」とか「エビラバ」と呼ばれる釣りだが、エサが付いている分、アタリも数多くなり、入門者に取ってはタイラバのアタリを体験するのにピッタリなのだ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西編集部 ・松村計吾)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

エビラバの概要

近年、人気上昇中の船釣り「タイラバ」。シンカー(ヘッド)にラバー製のネクタイ、スカート、そしてフリーのフックが2本程度付いた、独特な仕掛けが定番だ。これを海底から一定のペースで巻き上げては落とす動作を繰り返すうち、マダイがヘッドやネクタイ、スカートに反応して食べにくる。

『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもうタイラバ(提供:TSURINEWS関西編集部 松村計吾)

仕掛けがシンプルなためアタリも明確で、慣れていても突然やってくる引き込みにはビックリさせられることも多い。フリーのハリが口に掛かっているかどうかの判断が難しく、ドラグはかなり緩めで、少し魚が引けばズルズルッとスプールが逆転するくらいのやり取りが定番。最近ではアタリがあって魚が反転した引きを見せたときにアワせてフッキングさせる人も多くなってきたが、サオでためて豪快にやり取り……というよりは、ドラグでのやり取りがメインだ。

突き詰めると非常に奥が深い釣りだが、基本となるのは落としては巻き上げの繰り返しなので、全くの初心者でも基本を習得しやすく、魚のダイレクトな引きを楽しめるのも、人気の要因だろう。

タイラバ+エサでエサラバ

さて、そんなタイラバだが、やはり疑似餌に反応させる釣りだけにターゲットとなるマダイなどの活性やそのときに食べているベイトの状況によっては、魚探にビッシリと映っていても全くタイラバには反応しないことも多い。

それでは楽しくない……ということで、最近ちょくちょく耳にするようになってきたのが、タイラバのハリにエサを付けた「エサラバ」、特に海エビを使用することが多いので「エビラバ」という釣り方だ。

『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもうハタ(提供:TSURINEWS関西編集部 松村計吾)

本物のエサを使用する点で、「食って当然」と、タイラバ専門のアングラーには敬遠されることもあるが、入門者や初心者の中にはアタリが多い方が楽しい人も多いはず。なんせ、あのダイレクトなアタリを体感するのには違いないのだから。というわけで、今回はエビラバについて紹介していこう。

エビラバタックル

基本的にはタイラバ経験者なら、タイラバそのままの釣りで、ハリにエサを付けるだけ……とイメージすればOK。なので、釣行時にエサを忍ばせておき、タイラバをする上でのバリエーションの1つととらえることもできる。

『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもうタイラバ用のフックに海エビを刺す(提供:TSURINEWS関西編集部 松村計吾)

まず、エビラバのタックル。これはタイラバで使用するのと全く同じでOKだ。タイラバ用のロッド5.5~7ftにドラグ機能が優れたベイトリール。ベイトリールはディープエリアでの釣りを除いて、ギア比の低いリール(パワーギアタイプ)の方が、巻きが安定するのと、魚が掛かったときのやり取りが楽。ラインはPEライン0.6~0.8号を200mほど。

『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもうエビラバタックル&仕掛け図(提供:TSURINEWS関西編集部 松村計吾)

リーダーはマダイ狙いで3~4号、根魚狙いでは4~5号を2ヒロ程度取っておく。

エビラバの仕掛け

その先に付ける仕掛け部分も基本的にタイラバと全く同じで大丈夫。ただ、エサを刺すのを前提にした場合、最近流行の小バリにし過ぎると、エサが外れやすくなりコツンと魚がエビを引っ張っただけでエサを取られてしまう。そのため、タイラバで使用する2本バリを、孫バリ仕掛けと見立ててハリのチョイスをするといい。たとえば、エサをホールドするための親針と、アシスト代わりに付けるやや小型のハリといった考え方だ。

『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもう大バリと小バリの組み合わせ(提供:TSURINEWS関西編集部 松村計吾)

タイラバではマダイバリやグレバリが多用されるが、エサをホールドする親針はマダイバリの12~13号と大きめを使い、孫バリは8~9号と大きさに差を付ける。ほか、エビをしっかりと真っ直ぐに刺したいので、軸長のワームフックなどを使用することもある。

『エビラバ』を徹底解説 タイラバ+エサで多彩な魚種を楽しもう軸の長いワーム用フックを使用した仕掛け(提供:TSURINEWS関西編集部 松村計吾)

エビラバのネクタイ

ヘッド、ネクタイ、スカートもタイラバとまったく同じものを使用すればOK。

ただ、どちらかといえばエサを目立たせたいのでシンプルで控えめなパターンで構成することが多い。たとえばネクタイは細めのストレート系や、さらにいうとネクタイは付けないパターンも。スカートもボリュームを落とすなど、工夫はいろいろあり、その部分だけでも奥は深い。

ヘッドはタイラバ用として市販されているものを使う。水深にもよるが、50~100gは揃えておきたい。また、エビを目立たせるために、シルエットの小さいタングステンタイプのヘッドを使う場合もあるが、こちらはそこまでこだわらなくてもいい。

次のページでエビの付け方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。