海釣り公園の楽しみ方!ちょい投げ・サビキ・ウキ釣りのキホン【解説】

お待ちかねの夏休みが近づいてきた。家族や仲間と気軽に釣りを楽しむには絶好の機会だ。そこでオススメなのが「海釣り公園」。足場のよさに加えてトイレや売店など施設が整っているから、初めて釣りに挑戦する子どもや女性にも安心だ。さあ、夏休みはみんなで海釣り公園へ出かけてみよう!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

サビキ釣り

水温上昇に伴って沿岸部を群れをなして回遊するのが小アジ小サバだ。

これらの小魚たちを数釣って楽しめるのが、ポピュラーなサビキ釣りだ。
「サビキ」とは魚のエサとなるオキアミなどを模した素材がハリに巻かれた擬似エサ。

つまり魚をダマして食いつかせるのだが、サビキだけでは魚は釣れない。

アミや市販のサビキ釣り用まきエサとコンボされることで、その真価が発揮される。仕掛けはワンセットになった市販のもので十分。

プラスチックカゴに、まきエサとなるアミを八分目ほど詰めたらそっと足元にたらし、軽くサオ先を上下させる。

カゴからまきエサが振り出されることで魚が集まり、同時に上下に動いている仕掛けのサビキを生きているエサだと思って、魚たちがヒットするわけだ。

釣果を伸ばすには、魚のいるタナ(層)を見極め、手返し良く釣ること。
また、まきエサが途切れないよう魚たちの食い気をキープさせることも大切だ。

なお、釣り場から沖めを魚が回遊しているときはウキ仕様の仕掛けで沖の回遊ルートを狙おう。

次ページでは【ちょい投げ】を紹介!