陸っぱりから36cmキジハタ手中 プラッギングでのヒットに満足【福井】

陸っぱりから36cmキジハタ手中 プラッギングでのヒットに満足【福井】

福井県の敦賀~越前エリアへ、キジハタを狙って釣行した。ベイトが入っているポイントでキジハタは高確率で釣れる。自己記録更新となった釣行をレポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

敦賀~越前エリアでキジハタ狙い

7月中旬、午前5時すぎに最初のポイント(水深1~4mほど)に着いてみると強い濁りが入っていたが、梅雨の濁りはプランクトンを育む良い濁りになることが多い。足元には豆アジ、沖には小イワシと小サバが多数入ってきている好条件だった。

濁りによって岸際へキジハタが寄りやすく、遊泳系のベイトもいるということで、シャッドプラグをチョイス。岸沿いやベイトが騒いでいる場所などを狙って、重点的にキャストしていく。

キジハタと言うと、根魚の一種なのでボトムで釣れる魚というイメージがあるが、マヅメ時やベイトが入ったときは、エサを探して回遊することも多い。そのため横方向に探った方が好釣果を得られることが多いため、私はまずプラグからスタートしてサーチする。

ルアーのアクションは下か横に構えたロッドで引っ張り、ルアーを止めながらロッドを戻してイトフケを巻き取るストップ&ゴー。バス釣りではポンプリトリーブとも呼ばれるアクションだ。

陸っぱりから36cmキジハタ手中 プラッギングでのヒットに満足【福井】キジハタ狙いタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

プラグでキジハタ36cm

時折軽いトゥイッチも入れてアピールしていくと、ストップを入れたところでカンッ!と目の覚めるようなバイト。すかさずフッキングを入れると、今までにない重量感がロッドを絞り込む。

これはシーバスかと思い、水面で跳ばれないようにロッドティップを下げてファイト。すると見えてきたのはオレンジ色の魚体。なんと大きなキジハタだ。幸い足元であまり暴れなかったので、そーっと抜き上げて無事キャッチ。計ってみると36cmと、ショアからのキジハタの自己記録更新。うれしさのあまりガッツポーズ。

陸っぱりから36cmキジハタ手中 プラッギングでのヒットに満足【福井】自己記録更新となったキジハタ36cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

口からは小さなハゼ系の魚と、消化されかかった小サバのような魚が出てきた。遊泳力のある小サバを捕食していることからも、横方向の釣りでアピールできるプラッギングの有効性を感じた一幕だった。

陸っぱりから36cmキジハタ手中 プラッギングでのヒットに満足【福井】シャッドにヒットした(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

「1匹目からこれなら今日は良い日だぞ」と思いきや、その後はなかなか苦戦しカサゴを2匹追加したのみ。このポイントの豊富なベイトっ気は捨てがたかったが、反応が薄くては仕方がないと移動することにした。

ボトム狙いで追釣

次のポイントは水深1~3mほどで、潮色は普通。先ほどの場所ほどではないが、小イワシと小サバも確認できる。まずプラグでサーチするが、反応はない。すでに時間には11時前。通常キジハタは沈み、ボトムを攻めた方が結果を得られる時間帯なので、10gシンカーの固定テキサスリグで広く探っていく。

スローな釣りなので1投に時間はかかるが、ちょうど時合いなのかバイトが多く、カサゴとキジハタが相次いでヒット。

1時間ほどで20~26cmのアベレージサイズのキジハタ3匹と、カサゴ6匹、アナハゼ2匹をキャッチできた。

陸っぱりから36cmキジハタ手中 プラッギングでのヒットに満足【福井】ボトム狙いに切り替えてワームでキジハタ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

そして12時半を過ぎると、一気に反応がなくなったため納竿とした。

夏の間がハイシーズンとなるキジハタ。釣果のカギとなるのが、アジやイワシなどベイトの存在だ。これらベイトが入っているポイントは高確率で釣れるので、ポイント選びの参考にしてほしい。

<週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年8月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。