【2021茨城】夜イカ釣り入門 釣果アップのコツと最近の釣果を紹介

【2021茨城】夜イカ釣り入門 釣果アップのコツと最近の釣果を紹介

茨城県で夏の風物詩・夜イカがシーズンインした。ここではタックルから釣果アップのコツ、直近の状況までを紹介する。ぜひ、夕涼みを兼ねた釣行に出かけてほしい。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:不動丸)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

夜イカ釣りタックル

浅場で釣れ盛る釣りだけに、イカメタルやライトタックルも人気。どちらも希望する場合は事前に船宿に確認を。

【2021茨城】夜イカ釣り入門 釣果アップのコツと最近の釣果を紹介タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

今回は通常のタックルについて説明する。竿は8対2~6対4のイカ竿。オモリは直結ならば60~150号までを用意しておきたい。使用する号数は必ず船長に確認を。

仕掛けはスッテやプラヅノ仕掛けを使用。詳細は図参照。直結仕掛けの場合は、ブランコに比べ重めのオモリ、太めのミキイトが基本。

夜の釣りだけに水中ライトが大きな効果を発揮する場面が多々ある。各色用意しておきたい。

船上は集魚用の照明が灯り明るいが、両手がふさがらず手元を明るく照らすことができるヘッドライトなども忘れずに。

乗船前の注意

各船とも夕方の出船となるため、遠方から釣行する場合は、交通情報などに注意し、早朝に出発する以上に余裕を持って出発することを勧める。

【2021茨城】夜イカ釣り入門 釣果アップのコツと最近の釣果を紹介夜焚きイカ好乗り(提供:かもめ丸)

また、夜間は船上の風景が暗闇に包まれるため「日中は船酔いしないが夜になると酔いやすい」という人は少なくない。しかも、”仕事終わりでそのまま乗船”というような場合は疲れが残っているため船酔いしやすくなっている。十分に注意を。

また、夏とはいえ夜は冷え込むこともあるので、羽織れるものを用意しておいたほうがいいだろう。

釣果アップのカギ

「指示ダナから下には下ろさずに上へ上へと探る」のが鉄則。

【2021茨城】夜イカ釣り入門 釣果アップのコツと最近の釣果を紹介タナのイメージ(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

イカが乗ったらそこが当たりダナ。その水深を覚えておき、次投からはその付近で集中的に誘いをかける。全員で協力してイカの群れを少しずつ上に誘い上げ、船下の浅いタナまで寄せよう。

ブランコ仕掛けであれば1m上げては竿先をふわりふわりと揺らして誘い、4~5秒静止してイカに乗る間を与える。当日の活性に合わせて待ち時間を調整していくといい。

直結なら、指示ダナから電動リールをスローで巻きながら竿先をシャカシャカと小刻みにシャクッて上へと探るのも有効。

100~200尾といった釣果が望める釣りだけに手返しが重要となる。上手な人の釣り座のセッティングや取り込みの一連動作などを参考に、回数を重ねて慣れていくのが一番だ。

次のページは茨城県の夜イカ概況!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。