今さら聞けないオモリグのキホン:タックル&エギの選び方

今さら聞けないオモリグのキホン:タックル&エギの選び方

オモリグに取り組み初めて3年の筆者が、現時点での研究成果をビギナー向けに解説。今回のテーマはタックルの選び方です。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

オモリグのタックル

まだまだオモリグ専用ロッドは少ないですが、少しずつ増えてきています。専用ロッドでなくてもオモリグには使用可能ですし、タックルを増やしても船に持ち込むのは数本なので、使い回しができるのが一番です。今回はオモリグロッド、その他タックルについての考察です。

今さら聞けないオモリグのキホン:タックル&エギの選び方オモリグでスルメ攻略(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

ロッドに求められる要素

オモリグの釣りは、キャスト→沈めてからジャーク→止めでアタリが出て→フッキングという流れが基本です。この一連の流れを楽にこなすことができるのが、専用ロッドです。

以上を踏まえ考察すると、オモリグに求められる性能はいろいろありますが、主には……

・キャストのしやすさ
・楽にジャークできる操作性
・アタリを見逃さない感度

の3点でしょう。

このためにロッドのレングスやグリップの長さ、ガイド設定などが考慮されています。

また、先にも触れましたが、船に持ち込めるタックルも限界がありますし、使い回しできることは便利です。このあたりを考慮してか、イカメタルとオモリグ両方で使えるものも出てきています。

リールはスピニング?ベイト?

オモリグロッドはキャストすることから、キャスト性能がいいスピニングロッドが機能、使いやすさなどの面から便利です。ただし、ロッドの長さなどは乗る船の大きさでも使いやすさはかわってきます。

しかし、スピニングロッドだけがオモリグに使いやすいか?と考えれば、答えはNOです。試しにオモリグをやってみたいがスピニングロッドを持っていないと躊躇する必要は全くありません。

オモリグでも、イカの居るレンジを叩くには今現在、自分のリグがどの深さにあるのかを知る必要があります。カウンター付きのベイトリールならレンジの把握が可能となり、スピニングにはない強みが生まれることもあります。

リーダーを用いたオモリグの仕掛けをベイトタックルでキャストするには少々慣れが必要ですが、必ずしもキャストしなければならない訳でもありませんし、慣れれば程度の差はあれ、ある程度の距離をキャストすることも可能です。

ベイトタックルでオモリグをやる場合、タックルパワーはミディアムヘビークラスをお勧めします。

今さら聞けないオモリグのキホン:タックル&エギの選び方良型スルメイカをキャッチ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

次のページでラインやオモリ、エギについて紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。