沖堤エギダコ釣り ケーソン継ぎ目から貴重な1尾【三重・四日市一文字】

沖堤エギダコ釣り ケーソン継ぎ目から貴重な1尾【三重・四日市一文字】

四日市一文字堤防の渡船で、釣友のひでちゃんとタコを求めて沖提に渡った。私は不発に終わったが、釣友が本命をゲットしたので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・山本抱星)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

沖堤防でのマダコ釣り

「今日こそは」と7月10日の大潮を狙い、四日市一文字堤防の渡船で、釣友のひでちゃんとおいしいタコを求めて沖提に渡った。

昨年はハリだけでも釣れる勢いがあったタコ釣りが、今年は厳しい。かなり厳しい上に型も小さいのがつらいところだ。今週で4週連続、三重県の四日市界隈に足を運んでいるが、釣果は合計しても2ケタに届かない。

この1カ月、カサゴにメバルは帰りに半分リリースするほどの釣果。マダカも電気ウキで58cmを釣った。しかししかししかし、タコだけが釣れない。

タコエギの色が悪いのか、際が良いのか。投げた方が良いのか。生エサの方がいいのか。試行錯誤で今回は前日に雨のなか、3歳の孫とザリガニを釣りに行き、甲殻類と言う最強のエサを準備した。さらに妻に頼んで鶏の皮もエギに巻いて持って行った。

ケーソン隙間で本命

当日は曇りではあったが、汗が流れ落ちるほどの暑さだった。タコテンヤにザリガニ、鶏皮エギ、イワシのテンヤなどなどローテーションしながらケーソンの継ぎ目を探るが、全くアタリがない。

正午の出船から3時間たったころに待望のアタリが出たが、姿を見ることもなく痛恨のバラシ。私は残念ながらチャンスはこの一度だけだった。殺気がにじみ出ているのだろうか(笑)。

ひでちゃんが満面の笑みで獲物を見せに来たのが午後4時ごろ。型は小さいが結果を出した。潮が満ち始めて、流れが速くなってきたころ、ケーソンの隙間から潮が音を立てて吹き出している所に落とすと、即抱きついてきたそうだ。

沖堤エギダコ釣り ケーソン継ぎ目から貴重な1尾【三重・四日市一文字】釣友の貴重な1匹(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本抱星)

今後の最盛期に期待

その後も似たような場所を探ったが、ダメだった。結局ひでちゃんもこの1匹に終わった。今回2人は惨敗であったが、当日は同時刻に2ケタ釣った人もいたようだ。前日も9匹釣った人がいると聞いたので、まだ諦めるわけにはいかない。次回こそはとリベンジを誓い帰路に就いた。

しかし、少ない釣果の獲物は本当においしい。2人で舌鼓を打ち次回の作戦を練った。この時期の沖提は水分を十分に準備して、暑さ対策を万全にしてこそ楽しい釣りができる。タコシーズンはまだ始まったばかりだ。

<週刊つりニュース中部版APC・山本抱星/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
一文字防波堤
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年7月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。