沖堤でライトゲーム 狙い魚種定めず五目釣りを満喫【静岡・西伊豆】

沖堤でライトゲーム 狙い魚種定めず五目釣りを満喫【静岡・西伊豆】

静岡・西伊豆の田子漁港から渡船で5分ほどの沖堤に渡って、ライトルアーを楽しんできました。いろいろ釣れた当日の模様をお届けします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

沖堤でライトルアー

6月後半、この日はシマノ・インストラクターの新保明弘さんに釣り方をレクチャーしてもらいます。沖堤に到着すると、周りの景色が絶景。水色は透明で、底の岩礁が見えるほどきれい。天気にも恵まれて最高のロケーションです。

まず、エギングでアオリイカを狙います。好きな色のエギを選んで釣りスタート。キャストしてエギが着底したら、ロッドをシュッ、シュッとシャクってアクションをつけ、フォールでイカが抱きつくのを待ちます。

沖堤でライトゲーム 狙い魚種定めず五目釣りを満喫【静岡・西伊豆】沖堤で楽しんだ(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

ぎこちないまま数時間挑戦しましたが、アオリイカは見えているのに根掛かりばかりでヒットなし。この日は、ベイトの小魚が多くてエギには反応しませんでした。

アカハタ抜き上げ失敗

このあと、ターゲットをチェンジ。バイブレーションルアーで狙います。新保さんに投げる方向やアクションを教えてもらい、なるべく遠投。巻くスピードを速くしたり、遅くしたり……。自分なりに工夫します。

すると、突然、ゴンッと大きなアタリ。アワせるとハリ掛かりして、見えてきたのは真っ赤なアカハタ。海面まで高さが4mくらいあって、近くに取り込み用のネットがなく、えいっと。抜こうとしたら目の前でポチャン。

がっかりしながらも、魚の引きを味わえたので気持ちを切り替えます。いつも心のなかで「バレないで~」と唱えるのに、今回は忘れたせいかもしれません。

良型カサゴをキャッチ

このあと、美穂さんの提案でエサ釣りにスイッチ。即席で胴突き仕掛けを作ってもらい、貝をエサに足元へ投入。すると、プルプルッと反応。仕掛けを上げるとエサが取られています。これを数回繰り返していると、やがて良型のカサゴがヒット。しかも、美穂さんと同時キャッチで嬉しさ倍増。

沖堤でライトゲーム 狙い魚種定めず五目釣りを満喫【静岡・西伊豆】カサゴヒット(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

その後もネンブツダイに遊んでもらったり、フグにエサを取られたりしながら、美しい景色を眺めながら夕方まで釣りを満喫して終了。

堤防を歩きながら狙うポイントを探したり、魚が回遊してくるのを待ったり。船釣りとは違う楽しさがありました。

<週刊つりニュース関東版 石坂衣里/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
田子漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。